つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS NTT製電話機を一部回収 遭難信号を誤発信

<<   作成日時 : 2006/09/27 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
NTT東日本およびNTT西日本は26日、コードレスフォン2機種が特定の条件下で、海上保安庁が受信する遭難信号と同一の周波数の電波を誤発信する事象を確認したことを明らかにした。

今年6月18日から7月20日にかけて、千葉県銚子市付近から279回発信されたという。

対象機器は、NTT東西が1991年2月から1992年5月にかけて販売していた「ハウディ・コードレスホンパッセ S-200」および「ハウディ・コードレスホンパッセ S-220」。
対象機器の台数は、ハウディ・コードレスホンパッセ S-200が、NTT東日本エリアで14,412台、NTT西日本エリアで10,953台。
ハウディ・コードレスホンパッセ S-220が、NTT東日本エリアで8,658台、NTT西日本エリアで7,648台に上る。

今年6〜7月に千葉県銚子市で279回にわたり遭難信号が発信され、第3管区海上保安本部(横浜)から巡視船や航空機が出動する事態が相次いだ。
同本部や総務省が調査し、銚子市内の民家にあるコードレス電話機から信号が発信されたことが分かった。

この2機種のうち、コードレスフォンの充電池が劣化し、かつ完全放電した状態でコードレス電話機の電源スイッチを「ON」のまま、充電器に戻して充電を開始した際、海上保安庁で受信する遭難信号と同一の電波がごく稀に発信されるという。

NTT東西によると、電池の残量がなくなってから充電すると、電話機から出る周波数が変わり、遭難信号と同じになることがある。
電池が劣化した場合の変化を設計時に考慮していなかったのが原因という。

NTT東西では対象機種を回収し、回収した家庭には無料で現行のコードレスフォンと交換する予定だ。
具体的な回収方法や、交換する機種については未定だが、決定し次第Webサイトなどで公表するとしている。
また、対象機種以外の電話機についても、同様の事象が発生する可能性がないか調査している。

この2機種はNTTが設計し、合計約17万台を販売。
既に廃棄されたり交換されたものもあるが、まだ使用されているのは最も多くて4万1000台余りとみられる。

両社は9月27日から以下のフリーダイヤルで問い合わせを受け付けています。
↓問い合わせ先
NTT東日本は(0120)230672
NTT西日本は(0120)230732

ニュース記事1
ニュース記事2
NTT東日本のページ
http://www.ntt-east.co.jp/release/0609/060926.html
NTT西日本のページ
http://www.ntt-west.co.jp/news/0609/060926.html



このニュースは夏ごろ、テレビのニュースで見たのを覚えてる。
その時は、「へー、そんなこともあるんだね。」と思っただけでしたが、その後の調査でこんなに、おおごとになるとは思いもしなかった。

15年前に買った電話機が、まだ使われているんだね。 物持ちがいいなぁ。
我が家はFAX付きのコードレスフォンだけど、5〜6年に1台の割合で買い換えてる。
買換え理由は子機のバッテリーが持たなくなってきたから、っていうのが多いなぁ。
最近の電化製品って、持ちが悪くなってるよね。

あ、でも、昔の黒電話もまだ取ってあるよ。
今の電話は停電すると使えなくなるけど、黒電話は電話線さえちゃんとしていれば繋がるしね。
今思うと、黒電話ってのはなんて丈夫だったんだろう。
電話台から落ちても壊れないし、カールコードがヘンによれた時も受話器を下にたらせば自然に元に戻ったし。
結構、乱暴に扱っても、まず大丈夫だった。

まぁ、コードレスの便利さに慣れちゃったから、今さら黒電話に戻るのは大変だもんね。
一時的な停電だったら、黒電話にしないで、そのまま直るのを待ってると思う。 (笑)


↓こちらをポチッとお願いします。 ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NTT製電話機を一部回収 遭難信号を誤発信 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる