つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「給食費なんか払いたくない」という親

<<   作成日時 : 2007/01/29 05:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

お弁当箱
なんと、ブランド品を買えるお金があるのに、子どもの学校の給食費を払わない親が急増しているらしい。

平成17年(2005年)度の1年だけで総額22億円の未納が明らかになった学校給食費。

高知県の小中学校の全児童・生徒(約5万人)の給食費1年分にあたり、事態は深刻だ。
全国調査は、未納者への対応に苦慮する声が相次いだことから実施されたものだが、「まさかここまで…」と絶句する教職員も。

「払いたくないから払わない」。
社会人としてのモラルに欠ける親たちへの対策はあるのか。

「ブランド品で着飾った母親が集金袋にお金を入れない。子供が教室で泣いている」
「高級外車を乗り回したり、携帯電話代を何万円も払っているのに、給食費は払わない親がいる」。
最近の教育現場で、実際にあった報告だ。

「頼んでない」
「(給食を)止められるものなら止めてみろ」
督促に“逆ギレ”するケースもある。

悪質なケースについて同省は「法的措置を講じた事例を参考としつつ対応する」としている。
今回の調査の結果、強制執行などの法的措置を実施した学校は281校もあり、厳しい対応は今後も増えそうだ。

広島県庄原市は、3人の子供の給食費77ヶ月分(約70万円)を滞納した保護者を相手取り本訴を起こした。

困窮していないのに給食費だけでなく保育料や税金まで滞納していた保護者は裁判で、「義務教育だから払わない」などと持論を展開。
これらの反論は認められなかったが、広島地裁は昨年12月、督促の時効(2年)分を除いた約10万円の支払いを保護者に命じた。

未納者対策では、東京都葛飾区のように生活保護世帯に加算される給食費援助を校長の口座に直接振り込む措置を取ったり、神奈川県城山町のように集金袋を復活させたうえ、保護者に徴収を任せて未納率を下げた自治体もある。

文部科学省の調査では、未納を減少させた対策として、保護者との個人面談や家庭訪問などを通じたねばり強い説得が半数以上を占めた。
しかし、これらの対策は、現場の教師の負担が大きい。

一方、未納があったために、4000校が食材の質や量を落としていた事態も判明。
自治体や学校が補填(ほてん)したケースもある。

文部科学省・学校健康教育課は「一人くらいという気持ちが他の子供たちに影響を与えることに気づいてほしい」と注意を喚起した。

ニュース記事


なんか、信じられないニュースです。
子どもが食べたものに関して、なんで払いたくないんでしょう?

「義務教育」だから?
義務教育の「義務」は、
子供が教育を受ける「義務」では無くて
大人が子供に教育を受けさせる「義務」
なんですよ。

これは、教科の勉強だけにいえることであって、学校給食は関係ないんです。
通信簿には、国語・算数・理科・社会・音楽・体育などの教科と一緒に「給食」の項目はないでしょう?
また、給食についてのテストもないし、評価もつきませんよね。

そもそも給食は、明治22(1889)年に山形県の小学校で、毎日の食べ物に事欠くような貧しい家の子どもを対象に始まったものです。

むろん今の時代でも、生活費に事欠くような家庭はあります。
生活保護をもらおうにも、役所の求めるハードルが高くて、もらえない場合が多々あるからです。

ですが、今回問題になった、払わないという親は決して貧困家庭ではないですよね。
むしろ、裕福な家庭です。

そして、食べたものについて支払いをしないというのは、食い逃げです。
食い逃げ(無銭飲食)というのは、詐欺ですよ。

つまり、給食費を払いたくない裕福な親は、子どもに詐欺や泥棒の方法を教えているんです。
本当にいいんですか?
将来、子どもが人に迷惑をかけるような人間に育っても、それは自分勝手な論理を振りかざしていた親の責任ですよ。

このニュースを聞いた最初の頃は、払わない家の子どもの給食だけ止めればいいかも、なんて思いましたが、むしろ、給食の支給を一切やめればいいんじゃないか、とも思います。

どちらがいいのか、判断が難しいところですね。

あ、一切やめちゃうと貧困家庭が困ると思うので、生活保護を支給されていたり、親の年収が150万円以下の家庭の子どもだけに給食を支給するとかにすればいいかも。
でもって、その他の子どもは親の手作り弁当のみを、持参するようにすれば良いんです。(= コンビニ弁当禁止)

えっ? お弁当を作るのがメンドクサイ?
だったら、別に作らなくてもいいんです。 
子どもの昼食がないだけのことですから。


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
給食費不払い問題を考える
給食一食にかかるコストって、人件費も含めると930円ぐらいかかるらしいですね。パパの昼食よりもカネかかっているということです。そのコストに充てるための給食費を払わないという不届き者がいるというニュースを何度も見て、筆者はかなりむかついています。義務である... ...続きを見る
skarloeyのお役立ちブログ(酒、旅...
2007/03/02 01:18
給食費の滞納が多くて、ついに「確約書」導入へ
給食費を払わない親が多すぎて、ついに、ここまで来てしまいました。 ...続きを見る
つれづれなるままに
2007/04/13 01:20
給食費滞納で苦慮する教師
給食費滞納問題はまだ解決していないようです。 ...続きを見る
つれづれなるままに
2008/02/11 02:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そういう人に限って自分の体裁だけは繕いたいでしょうから
裁判所から会社に給与の差し押さえをしてもらえば
慌てて払うでしょうね
ひろ
2007/01/29 07:59
ひろさん 
そうなれば、しぶしぶでも払うでしょうね。 子どもに引け目を感じさせてまで贅沢したいっていう、親の感覚が分かりませんけど。
眠り猫
URL
2007/01/29 16:26
給食費問題は、私も憤りを感じています。給食費を払っていない親の子も、給食は食べられるわけですが、費用自体が少ないのですから、材料費は少ないわけで、給食の献立も質が下がってもおかしくないのですよね。でも、では真面目に給食費を支払っているところのお子さんは、損をしてしまうんですよね?昔は、給食費が払えない事を恥ずかしいと思っていたものですがね・・・。
ココア410
URL
2007/01/29 18:27
ココア410さん 
実際、給食の質が下がっているようですよ。 いつの間に、恥を恥とも感じない大人が増えて来たんでしょうかね。 将来、どうなるんでしょう。 (´-ω-`;)ゞポリポリ
眠り猫
URL
2007/01/29 18:43
信じられないお話ですね。本当にまじめにはらっている家庭はばかをみますし、払わない家庭が多くなってきているというマスコミによって、ますますはらわない家庭がふえていくみたいだし、給食をやめて、お弁当にすればいいんですよ。
自分で材料を買って、カロリー計算して、バランスのとれた食事を作るなんて大変なんですから。
自分達が大変になるのは目にみえてます
月に何千円かで食べさせてもらっているのだからありがたみがわかると思いますよ。
自分の子どもだもの、それくらいしてもいいよね。
みさ♪
2007/01/30 14:55
みさ♪りん 
確かに、この報道によって払わない人が増えたりして。 (´-ω-`;)ゞポリポリ
今は給食が始まった頃に比べたら、裕福な家庭が増えてるんだから、いっそ、全廃してもいいかもね。
眠り猫
URL
2007/01/30 17:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「給食費なんか払いたくない」という親 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる