つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 手榴弾の保管場所

<<   作成日時 : 2007/03/03 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

戦争映画などでは手榴弾がよく使われますが、不発弾の扱いってどうなってるんでしょうかね。
手榴弾型ライター

イタリア・ナポリ郊外の街サン・ジョルジョ・ア・クレマーノで、ある女性がマーケットでジャガイモを一袋買ったところ、その中に手榴弾が紛れ込んでいた。

オルガ・マウリエロさん(74)はロイターの電話取材に「ジャガイモの中に爆弾を見つけたんです。マーケットにいってジャガイモを買ったら爆弾が紛れ込んでいた。泥にまみれていたけど、水につけてキレイにしてみたのよ。で、気がついたの。『爆弾だ!』って」と語った。

警察によると、手榴弾は松ぼっくり型で、ピンは抜けており、爆発する可能性があった。
第二次世界大戦中、米軍兵士が欧州戦線で使用していたものと同型だという。

おそらくフランスのジャガイモ畑に残っていた手榴弾が、収穫のさいに紛れ込んだのだろうと、当局は推測している。

警察と爆発物処理班が手榴弾を回収し、処理した。

しかし、マウリエロさんは、死の淵に立っていたことを思い出して、今も身震いしている。
「とてもジャガイモには見えなかったし、ジャガイモより重たかった。でも、もし料理してたらどうなったかしら?」

「もし手にとって重さに気がつかなかったら、爆弾だって気がつきもしなかったわ」

ニュース記事1


ひぇーーー!! (((( ̄ー ̄;)/

第二次世界大戦中のものってことは、60年以上も不発弾で土の中に埋もれていたってことだよね。
農家の人は気が付かずにその上を歩き回ったり、作業用のトラクターなんかを使ったりしてたんだろうなぁ。
でもって、気が付かずに掘り出して、そのまま市場へ。
最終的に消費者の手に渡って気が付いたと。

この人もすごいよなぁ。
そのまま水洗いしちゃってるし。

まー、気が付いたとたんに固まっちゃったんだろうけど。 ヾ(;´▽`A``アセアセ
なんにせよ、無事でよかった。


続いては、刑務所の囚人がとんでもないものを、とんでもないところに隠していたというニュース。

エルサルバドルの首都サンサルバドル郊外の刑務所で、受刑者の1人が手りゅう弾を直腸に隠し持っているのが発見された。
刑務所のスポークスマンが3月1日に明らかにした。

刑務所がセキュリティー強化の一斉検査を行った際に発覚したとしている。
携帯電話を飲み込んでいた受刑者も16人いたという。

同国刑務所当局のスポークスマンは「発見物を取り出さなくてはなりませんが、うまく行かなければ病院で手術しなければならないでしょう」と話した。

昨年、エルサルバドル北方にあるラ・エスパランサ・マリオナ刑務所では、訪れた女性が膣内にM67手榴弾を隠し持っていたこともあった。

エルサルバドルの刑務所では武器を使用して他の囚人や看守を攻撃し、脱走を試みるケースが多いという。

また、携帯電話を使って服役中の囚人が仲間に犯行命令や麻薬取引の指示をしているそうだ。

ニュース記事2
ニュース記事3


えっとー、直腸ってことは、ひょっとして、し○の穴かね。
そんなデカイもんが入るのかねぇ。。。 〜(m~-~;A フキフキ
携帯電話も見つかってるらしいし。。。 

人間の身体ってすごいんだねぇ・・・ ┐('〜`;)┌ ハァ・・・


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
隠し場所
囚人が手榴弾を隠し持っていた場所は…… ...続きを見る
ニュースにツッコむblog
2007/03/05 15:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
手榴弾の保管場所 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる