つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 刑務所あれこれ

<<   作成日時 : 2007/05/13 04:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

プリズン・ブレイク
刑務所も時代とともに変わるようです。

初の“民営刑務所”開所 ハイテク警備駆使
山口県美祢(みね)市に2007年5月13日(日曜)、国内で初めて建設と管理運営の一部を民間に委託した刑務所「美祢社会復帰促進センター」がオープンする。

法務省がコストの節減などを目的に、民間の資金や経営ノウハウを活用する「PFI方式」を採用した。
今後の刑務所のあり方のモデルケースになりそうだ。

同センターは、国が約28ヘクタールの用地を確保。
大手警備会社のセコムや清水建設、竹中工務店などで構成する民間企業グループが建設し、さらに管理運営の一部を平成36年度(2024年)までの18年間担当する。
民間委託額は総額517億円で、これまでの方法に比べ約48億円節減できたという。

施設は、男女各500人の受刑者が入れる収容棟6棟や教育・訓練棟、管理・医務室、体育館、職員宿舎など。

コンクリートの外塀はなく、二重の金網状のフェンスや赤外線センサーで囲まれており、外側から中の様子が見える。

また、収容棟の窓に鉄格子はなく、強化ガラス窓は10センチ程度開くなど開放的。
職員は原則として受刑者の移動に付き添わず、受刑者の上着に付けられたICタグで居場所や移動の軌跡を警備室のモニター画面で監視。

受刑者同士が上着を交換して別人になりすますのを防ぐため、居室などに出入りするたびに指静脈画像による本人確認を行うなど、ハイテクを駆使した警備を行う。

職員は法務省の刑務官が約120人、民間側が約100人。
受刑者を取り押さえるなどの公権力の行使は刑務官が行い、民間職員は警備、監視業務や教育、職業訓練、食事などを担当する。

法務省矯正局総務課の木村昭彦・矯正調査官は「地域との共生を目指していく刑務所にしたい」と話している。

5月13日に長勢甚遠法務相をはじめ法務省、企業グループ、地元の関係者らが出席して開庁式を行い、5月14日以降、初犯の比較的刑の軽い受刑者の収容を始める。

ニュース記事1
PFI方式:
「プライベート・ファイナンス・イニシアチブ」の略で、民間の資金や技術などを活用して公共施設を整備する手法。
設計、建設から維持管理、運営まで民間業者に委託する。
発注者の行政側は民間の行う公共サービスを監視する。
平成11年(1999年)にPFI法が制定された。

↓社会復帰サポート美祢(みね)株式会社
http://www.secom.co.jp/srs-mine/index.html

民間の刑務所ですか・・・。
上手くいくんでしょうか。

まぁ、初犯の比較的刑の軽い受刑者ばかり集めるらしいから、大丈夫かもね。
でも、これに味を占めて再犯したりして? (´-ω-`;)ゞポリポリ

以下は刑務所関連の記事です。
「ブログが気になって・・・」
刑務官が監視中に書き込み 京都刑務所
 2007年2月20日
刑務所の受刑者のいる区域で監視中に携帯電話を使用したとして、京都刑務所(京都府京都市山科区)が、20代の男性刑務官を所長注意・指導処分にしていたことが2月20日、分かった。

区域内への携帯電話の持ち込みは同刑務所の内規で禁止されている。
刑務官は「自分のブログ(日記風サイト)が気になった」と説明しているという。

同刑務所によると、刑務官は昨年春から秋にかけて、戒護区域と呼ばれる受刑者エリアで、十数回にわたり携帯電話を使用。
インターネットに接続し、自分のブログにメッセージを送信するなどしていた。

携帯電話を使用しているところをほかの職員が目撃したことから発覚。
同刑務所はブログの内容などを調査、情報流出や受刑者の使用はなかったと判断し、今年1月末に刑務官を処分した。

同刑務所の三好隆行総務部長は「二度とこのようなことがないよう、職員に徹底したい」と話している。

ニュース記事2

自分も携帯でブログチェックをするから、気持ちは分かるよ。
分かるんだけど、職場で禁止されてるんだから、やっちゃあマズイよね。
ヾ(;´▽`A``アセアセ

そんなブログをめぐって、過去に↓こんなニュースがありました。

ブログに受刑者の秘密書き込む 府中刑務所看守部長を処分 
2006年11月24日
府中刑務所(東京都府中市)は2006年11月24日、インターネット上のブログに受刑者の氏名など業務上知り得た秘密を書き込んだとして、看守部長(33)を停職6ヶ月の懲戒処分にした。看守部長は同日付で辞職した。

また、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で看守部長を同日、東京地検に告発し、上司2人も厳重注意処分とした。

府中刑務所によると、看守部長は2004年1月から2006年11月にかけて、自分が開設、運営しているブログに、受刑者4人の氏名や処遇に関する情報などを書き込み、ネット上で不特定多数の利用者が閲覧できる状態にしたという。

看守部長は「ブログの内容を面白いものにしたかった。 ばれたら消せばいいと思っていた」と話しているという。

府中刑務所の小林仁所長は「誠に遺憾であり深くおわびする。 職員に守秘義務を再認識させるとともに、信頼の回復に努めたい」とのコメントを発表した。

ニュース記事3

続いて、
看守部長がブログに受刑者情報 徳島刑務所告発 
2007年01月23日
徳島刑務所は2007年1月23日、受刑者の経歴などをインターネットのブログに書き込んだとして、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で同刑務所矯正処遇官の男性看守部長(34)を徳島地検に告発、停職3ヶ月の懲戒処分にした。
看守部長は辞職願を出し、刑務所は同日認めた。

徳島刑務所によると、看守部長は2006年1月ごろから、自分のブログに刑務所で体験したことや受刑者2人の経歴、受刑態度などを書き込み、インターネットで誰でも見られる状態にした。受刑者1人は実名が出ていたという。

2006年11月、ブログの内容について指摘があり、同刑務所で調査。
看守部長は書き込みを認め、同月中旬にブログを閉鎖した。

看守部長は2004年6月にブログを開き、刑務所に勤めていることも明らかにしていたが、刑務所は「職務上知り得た秘密の書き込みは、2006年1月までなかった」としている。

看守部長は刑務所に勤務し5年目。
受刑者の生活指導などにあたっていたという。

徳島刑務所の荒島喜宣所長は「職員に守秘義務を再認識させ、信頼回復に努めたい」とコメントした。

ニュース記事4

あーあー、やっちゃった〜〜〜。
そりゃあね、刑務所の中ってどんな風なのか、それを知るには自分が刑務所に入るしかないっていうのはイヤだけど、受刑者の生活や刑務所職員の仕事って、一般人には興味津々だよね。
だから、読者は多かったんじゃないかな。
でもまぁ、受刑者Aとか職員Bなど、匿名にすれば、まだマシだったかもしれないけど、実名を出しちゃあマズイよね。

さらに、
「お前の彼氏は元囚人じゃ」刑務官が服役情報メールで漏らす 
2006年12月13日
高知刑務所(高知県高知市)の30代の男性刑務官が、出所した高知市の男性の情報を知人女性に漏らしていたことが2006年12月12日、分かった。

3人は学生時代、同じ部に所属。
刑務官と女性は携帯電話の“メル友”で、女性が男性との交際を明かすと「彼氏は元囚人じゃ」などとメールで伝えたという。

同刑務所は国家公務員法(守秘義務)違反の疑いがあるとみて、刑務官らから事情を聴いている。

刑務所職員なら常識であるはずの守秘義務を犯して、知人女性に交際男性の情報を伝えたのは、高知刑務所の30代の男性刑務官。
学生時代、同じ部に所属していた3人に、何があったのか…。

同刑務所によると、刑務官と女性は携帯電話のメールをやりとりする仲。
2006年11月中旬、女性は交際を始めたばかりの高知市の男性についてのメールを送信した。

すると刑務官は「(あなたの)彼氏は元囚人じゃ」、「うち(同刑務所)に入っていた」などと返信。
女性が男性に確認することを伝えると、情報漏洩(ろうえい)の発覚を恐れたのか、「ばれるやろう」などと返信し、女性に口外しないようにくぎを刺したという。

女性から刑務官のメールの真偽を尋ねられたのか、このやりとりを知った男性は11月20日、同刑務所に電話で抗議。
幹部職員が2006年12月上旬、刑務官から事情を聴いたところ、「軽い気持ちでやった」などと認めたという。

男性の携帯を調べると、問題のメールは削除されていたが、女性の受信メールから、刑務官による漏洩が確認された。

同刑務所は「事実関係の精査が終わるまで、詳細はお話できない」としながらも、刑務官と男性の関係について「刑務所では、週に数回は顔を合わせていたようだ」と説明。

刑務官の処分について「告訴するかも含め、今後検討する」と答えるにとどまった。

今回の漏洩問題を受け、刑務官は男性に謝罪。
慰謝料を払い示談が成立しているが、関係者によると男性は「社会復帰を刑務所職員に邪魔された」などと憤っているという。

ニュース記事5

あーあー、最低!
ある意味、ブログに書くより始末が悪い。
刑務所から出所したってことは、罪を償って出てきたんだから、まともな生活をしようとするのを、職員が邪魔してどうする!


本当は、一番上に出した民間刑務所ガンバレって記事にしたかったんだけど、なんか、刑務所関連で他のまで出てきてしまった。(´-ω-`;)ゞポリポリ


プリズン・ブレイク
プリズン・ブレイク


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
民間の刑務所・・・
当然、出所時は
「ありがとうございました。。またおこしくださいませ」
ペコリ(o_ _)o))
ひろ
2007/05/13 08:28
猫さん、入ったらあかん(*≧▽≦)σ
390X
2007/05/13 11:15
ひろさん 
民間の場合、囚人はお客様なんだよね。
>「ありがとうございました。。またおこしくださいませ」
出所時に本当に言ったりして・・・
ヾ(;´▽`A``アセアセ
眠り猫
2007/05/13 12:24
390Xさん 
絶対、ここの民間刑務所に入れるって決まってないから、危険なカケだよなぁヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
眠り猫
2007/05/13 12:28
民間が出来る事がなぜ官が積極的に節減できないの。
官の人達による、情報の漏洩があるくらいだから、民間になったらどうなっちゃうんだろうね。
ちゃんと考えていると思うけど・・
みさ♪
2007/05/14 16:35
みさ♪りん 
小泉前総理の「官から民へ」の一環なんだろうけど、情報漏洩はどこでもあるからねぇ・・・。(´-ω-`;)ゞポリポリ
眠り猫
2007/05/14 18:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
刑務所あれこれ つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる