つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 0歳の赤ちゃんに銃の許可証を発行

<<   作成日時 : 2007/05/24 14:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
バージニア工科大の乱射事件から1ヶ月が過ぎた米国で、イリノイ州に住む0歳児の赤ちゃんに銃の所有許可証が下りた。

(写真は、銃の所有許可証をもらったシカゴに住む、生後11ヶ月のハワード・ルドウィグちゃん)

サウスカロライナ州では「乱射事件を防ぐため」として学校への銃持ち込みを認める法案を議会で審議している。

衝撃的な事件の後でも、銃社会・米国の現実は変わっていない。

銃の許可証が下りたのはイリノイ州シカゴ市に住む、2006年6月生まれの生後11ヶ月の男児、ハワード・ルドウィグちゃん。

孫に名前入りの散弾銃を贈りたい、という祖父の願いがきっかけだった。
クレー射撃が趣味の祖父が誕生祝いにショットガンを贈り、銃器保有者に許可証の取得を義務付ける同州の規則に従って父親(30)が申請したという。

男児の父親(30)は元・地元紙記者。
今は「専業主夫」として子育てコラムを書いており、「銃のプレゼントについて記事に書くには、違法なことはできない」と息子の名でイリノイ州に申請。

申請は交付の1ヶ月前で、州警察がウェブサイトに掲載している申請書に必要事項を記入し、5ドル(約600円)の手数料を同封して郵送すると、5月上旬、許可証が郵送されてきた。

許可証は2週間前に交付され、許可証には「身長2フィート3インチ(約68センチ)体重20ポンド(約9キロ)」とご丁寧に記されていた。
男児はまだ自分で歩けないが、合法的に銃器を運搬することも可能になった。

父親は取材に「ばかなことはしないように、と逆に注意されると思っていた」。
イリノイ州の法律で銃の所有許可は前科や家庭内暴力の過去などには厳しいが、年齢制限はないという。

父親は「こんなに注目されるなんて。 世界中から、米国人は銃を持ったカウボーイだと思われているのかもしれませんね」と語った。

イリノイ州法では原則として、許可証を持たない14歳未満の未成年者が銃を使用し人を死傷させた場合、保護者が銃の管理責任を問われる。
長銃身の銃は18歳未満、拳銃は21歳未満は購入できない。
2000年に民間団体が行った調査では、同州の銃規制は米国では相対的に厳しく50州中6位だった。

一方、サウスカロライナ州議会では5月中旬、小学校から大学まで、許可証を持っている限りは誰でも学内に銃を持ち込める法案が、委員会を通過した。

提案した議員らは「銃を持った人間が学内にいれば、バージニア工科大のような事件は防げた」と主張。

銃規制に反対する同州の市民団体も「子どもを愛しているなら、学校を殺人者たちの安全地帯にするべきではない」と法案を支持している。

ニュース記事1
ニュース記事2


・・・ なんとまぁ・・・ 
呆れてモノも言えん・・・

そりゃあ、生後11ヶ月なんだから、前科や家庭内暴力の過去なんてあるはずもない。
だからといって、赤ん坊に銃許可なんてするなよ・・・。
せめて、18歳以上とか、年齢制限をすべきなんじゃないのかね。

銃の許可証があるってことは、この子は小学校にも銃を持って行って良いってことかな。
とっても怖いんですけど。 (((p(>o<)q))) ガクガクブルブル


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
日本でも、隣人を銃で殺害した男に銃の許可をゆるした警察が問題視されているよね。
こんな赤ちゃんに銃の許可を出したアメリカはとんでもないよ。
絶対銃を持てば、打ちたくなるのは人間の性。世界中で銃、廃止に向け動きたいよね。でも、マフィアの力ってすごいからなー。。
日本は刀狩りをしたから、本当に良かったよ。平和な世界になってほしいよね。
みさ♪
2007/05/25 09:48
みさ♪りん 
本当にねぇ。 こうなってくると、犯罪を助長しているとしか思えない。
アメリカも日本みたいに「銃狩り」をすればいいかもねヾ(;´▽`A``アセアセ
眠り猫
2007/05/25 14:40
どうかしてるだろアメリカ。アメリカの場合他の国と違い自分の警護ではなくて人生の中には残酷なのも必要という為に持たせてる感じがする
話変わるけどいくら自由の国って言ったって人の殺すのも自由なのかよと思う
CJ
2009/01/24 15:19
CJさん 
アメリカでは殺人事件に時効はないから、老人が少年時代に犯した殺人(未解決殺人事件の場合)でも逮捕されることもあります。
自由には責任も伴うはずですから、何をやっても許されるわけではないと思います。
ただ、この赤ん坊のように、その「責任」を理解できないのに、重大な責任を伴なうものは与えるべきではないと思います。
眠り猫
2009/01/24 16:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
0歳の赤ちゃんに銃の許可証を発行 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる