つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 満月の夜、人は攻撃的になる!?

<<   作成日時 : 2007/06/10 05:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
昔、満月になると狼男が出ると言われていましたが、現代でも似たようなことがあるみたいです。

伝説によると、満月の夜には狼男が現れるとされるが、英国南部のブライトンでは、月齢が満ちると暴力行為が増えるという。

ブライトン警察は、満月の夜に犯罪が最も多発することがわかったため、その夜は勤務につく警官の数を増やすことを考慮中だという。

「月齢のグラフと昨年の暴力犯罪のグラフを突き合わせたんです。 そこにはある傾向がありました。 満月の夜には一般的に人間は攻撃的になる傾向があるのです」と語るのは、ブライトンのパブやバーにおける警察活動を監視しているパー警部。

今年初めポーランド科学協会の科学者が、月齢と犯罪性の関連を発見したという研究結果が発表された。

しかし、他の研究では、月が人間の行動に影響を与えるという示唆は否定されている。

同警部は「これが科学的だなんて言ってませんよ。 偶然の一致でしょうか、それともそれ以上の何かがあるのか? 愚かな迷信ですが、でもきっと何かがあるんですよ」と語った。
[ロンドン 2007年6月6日 ロイター]

ニュース記事


狼男の伝説があったのは、中世のヨーロッパだったかな。

人間の身体も地球と同じで、水分が7割あるようだから、月の影響を受けるのかもね。

確かに、満月や新月になると凶悪事件が起こるっていうのは、前に何かで読んだことがあります。
最近はそうとも限らないようですが。

多分、中世の人たちは、月の満ち欠けと人間の感情の浮き沈みを関連付けていたんでしょう。

英語だと、“Lunatic”(ルナティック)という言葉がありますが、これは「気が狂う、狂人」など、あまり良い意味では使われませんよね。

ちなみに、今年の6月と7月の満月と新月は、
6月 1日  満月
6月15日 新月
6月30日 満月
7月14日 新月
7月30日 満月
です。

もしも、地球に月がなかったら、また火星みたいにたくさんの衛星(月)があったら、違っていたかもしれませんね。


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
満月の夜には「月見うどん」を食べたくなるのは単なる偶然でしょうか?
ひろ
2007/06/10 08:19
ひろさん 
それは偶然でしょうが、月に向かって吼えたくなるのは必然ですね♪ ワオーン!(⌒0⌒)
眠り猫
2007/06/10 12:42
月の影響で犯罪が増えるというのは聞いた事ありますよ。お産だって、死ぬのだって月の満ち欠けに影響するんだよね。
女の人はなるべく月をみない方がいいって聞いた事があります。感情の起伏がはげしくなるそうです。
みさ♪
2007/06/12 12:12
みさ♪りん 
自然の生き死には月の影響を受けてるっていう説は、自分も聞いた事があります。

>女の人はなるべく月をみない方がいい
そうなんですか。知りませんでした。
夜になると、お月さんを探しちゃう自分は、実は狼人間かもしれませんよ。(´-ω-`;)ゞポリポリ
眠り猫
2007/06/12 13:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
満月の夜、人は攻撃的になる!? つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる