つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS ホントにあった怖い話 〜iPod編〜

<<   作成日時 : 2007/07/13 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

iPod nano
2年前の事故がこのほど公表されました。 

2005年にアップルの携帯音楽プレーヤー「iPod」を身につけてジョギングしていた男性(37)が途中で落雷に遭い、顔から胸にかけてやけどを負う事故があったことが明らかになった。

診察した医師らによると、雷は男性のすぐそばの木に落ち、男性の体にはイヤホンのコードを形どるようにやけどの跡があったという。

カナダのバンクーバー総合病院の医師ら3人が、このほど米医学誌New England Journal of Medicineに書簡を送って発表した。

それによると、同患者の両耳の鼓膜が破れており、中耳にある小さな骨は脱臼状態だった。
また、あご骨が4ヶ所で折れ、電流によってあごの筋肉が激しく収縮したためか、あごの両側の関節が外れていたという。

医師らは、「iPodのような携帯音楽プレーヤーが落雷の可能性を増大させるわけではないが、男性のケースでは汗と金属製のイヤホンが相乗作用して電流を患者の頭部に伝えてしまった」と指摘。

同患者の聴力は、事故から2年経った現在も半分以上失われたままで、高い周波数の音は補聴器を着けていても聞くことができない。

医師団の1人で放射線技師のヘファーナン氏は、電話で「この男性は今もジョギングをしており、事故後に新しいiPodも購入したが、ジョギングに行く際には家に置いていっている」と語った。

同氏はまた、万一ジョギング中に雷に遭遇した場合には、iPodを肌から離すとともにイヤホンを耳から外すよう警告している。

アメリカ国立測候所の推定では、人間に落雷する可能性は5000回に1回。
雷に撃たれた人の約10%が死亡する。

[ボストン 2007年7月11日 ロイター]

ニュース記事1
ニュース記事2


うわぁ〜! \(◎o◎)/
こんだけひどい落雷で、よく助かったもんだ。 (;^_^A

またiPodを買ったようだけど、さすがにジョギング中は外しているんだね。
出来れば、ジョギング中だけでなく、外に出る時は外しているほうが望ましいよね。

危険なのは雷だけじゃないもの。
周囲の音が聞こえなくて自動車事故なんぞにあったりしたら、ヘタしたら死んじゃうしね。

映画だったかドラマだったか忘れたけど、“雷の直撃を受けて助かった人が超能力を発現するようになった”っていうのがあった。
今回の男性は、そんなのはなかったようだけど、雷に撃たれないのが一番良いよね。 ヾ(;´▽`A``アセアセ

iPod nano
iPod nano


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私のMP3プレーヤーはiPodじゃないので安心ですね(笑
ひろ
2007/07/13 08:27
ひろさん 
MP3プレーヤー持ってるんですね。いいなぁ♪ 用心のために雷が鳴っている時は外しとこうね(;^_^A
眠り猫
2007/07/13 17:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホントにあった怖い話 〜iPod編〜 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる