つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 不幸な偶然の一致

<<   作成日時 : 2007/09/30 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

本当にあった嘘のような話 〜「偶然の一致」のミステリーを探る〜
偶然とはいえ、なんともやりきれないです。

その1
−同姓同名で生年月日も同じ、でも別人−
神奈川県横浜市旭区が、市県民税を滞納している区民の40歳代男性と同姓同名で生年月日も同じ別の男性の生命保険を差し押さえて解約し、約24万円を徴収していたことが2007年9月28日、分かった。

男性は神奈川県外に住んでいたが担当者は住所確認をしておらず、差し押さえから2年間も気づかなかった。
区税務課は「基本的な確認を怠ったミスで大変申し訳ない」と平謝りしている。

横浜市旭区税務課によると、区民の男性は2001年7月〜2005年6月分の市県民税を滞納していた。

区の担当者は、延滞金を含め38万円を徴収するため2005年6月に財産調査を行い、生命保険会社に照会して、同姓同名で生年月日も同じ男性の保険契約があると回答を受けた。

この男性は県外に住む別人だったが、担当者は滞納者だと思いこみ、2005年9月に終身保険を差し押さえ、2006年5月に解約して8万7500円を徴収。
さらに、2007年3月にも積み立て終身保険を解約し、15万5000円を徴収した。

その後も滞納が続いたため、2007年9月26日、県外の男性の住民票を取り寄せて調べたところ、滞納者とは家族構成が異なることが分かり、初めて別人から差し押さえしたことに気づいた。

間違えられた男性から苦情はなかったが、横浜市旭区はすでに男性の家族に直接謝罪したという。
横浜市旭区税務課は、解約してしまった保険契約を元に戻す措置を取る。
(2007年9月28日 22時51分)

ニュース記事1

同姓同名っていうだけでも珍しいのに、生年月日まで一緒とは。。。

自分と同姓同名の人にはまだ会ったことはないなぁ。

自分と生年月日が同じ人は日本中には大勢いるはずだけど、これもまだ会ったことはない。

どちらも、探せばいるとは思うけどね。

ただ、どちらも同じだと、ちょっと困るかな。(´・ω・`)ゞポリポリ

そういえば、各種の会員登録をしているところに問い合わせると、大抵、名前と生年月日を聞かれるなぁ。

両方が一致して、なおかつ、別人っていう可能性はものすごく低いもんね。

それにしても、『間違えられた男性から苦情はなかった』ってのは、何でだ?

勝手に生命保険が差し押さえられたら、自分だったら、不審に思って問い合わせるけどねぇ。。。

ひょっとして、なーんにも気づいてなかったのか?(´-ω-`;)ゞポリポリ


その2
−別の通報と混同した救急車−
東京消防庁が2007年9月28日深夜、東京都品川区の団地14階から転落した男性に対する通報を、その8分前に通報を受けた別件と混同し、救急隊を出動させていなかったことがわかった。

ミスに気づいて出動させたのは44分後で、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。
出動の遅れと死亡との因果関係は不明だが、同庁は「処理が不適切で、申し訳ない」と陳謝した。

東京消防庁が2007年9月29日に発表した。
それによると、2007年9月28日午後11時48分、東京都品川区八潮5丁目の団地の「68号棟前の路上で男性が倒れている」と通報が入った。
直後の56分、同じ団地の「69号棟の前で男性がうつぶせで倒れている」と警視庁から通報が入ったという。

68号棟前は酒に酔った男性(45)で、約300メートル離れた69号棟前の現場は転落した男性(60)だった。
しかし、通報を受けた総合指令室の男性副士長(30)はいずれも同じ住所だったため、同一の案件と思い込んでしまったとしている。

1件目では酒に酔った男性(45)が倒れており軽症だった。
この酒に酔った男性の現場に行った消防隊員が引き揚げる際に、2件目の男性が倒れているのを発見した。

消防署に戻って総合指令に確認したところ、転落の現場に救急隊が出ていないことが分かったため、あらためて2007年9月29日午前0時40分に出動させた。
救急隊が到着した際、男性は頭の骨が折れ、脈、呼吸とも止まっていたという。

救助が遅れた東京都品川区の男性(60)はマンション14階から飛び降り自殺を図ったとみられ、病院に運ばれたが死亡が確認された。
東京消防庁は「出動の遅れが死亡につながったかどうかは明言できない」とのこと。

東京消防庁総合指令室の岡本修二室長は、「今後は複数の職員で通報の内容を確認したい」と説明している。
(2007年09月29日 20時28分)

ニュース記事2

あらま〜〜〜

たまたまごく近い現場で、たまたま同じような内容の通報が重なるだなんて。

不運の極みとしか言いようがない。

こんな偶然は、そうあるものじゃないしね。

まぁ、頭蓋骨骨折だから、すぐ搬送しても助からなかったかもしれないけど、助かった可能性も捨てきれない。

もしかして、別の救急車が向かっていると思ったのだろうか。

ここで確認すべきだったと思うのですが。

この亡くなった男性のご冥福をお祈りします。 (^-人-^) 南無〜


本当にあった嘘のような話 〜「偶然の一致」のミステリーを探る〜
本当にあった嘘のような話 〜「偶然の一致」のミステリーを探る〜

あの事件・事故に隠された恐怖の偶然の一致
あの事件・事故に隠された恐怖の偶然の一致


追記:
この記事のトップ画像、ブログタイトルの上にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
今日のお宝は「銀」ですね。
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2007年10月18日までです。
お早めにどうぞ♪ ヽ(^o^)丿

↓よろしければこちらをポチッとお願いします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
銀行が「自由に使っていいよ」と言ったのに
同姓同名はたまにありますが、こんな場合はどうなんでしょうか。  ...続きを見る
つれづれなるままに
2008/02/23 03:42
同姓同名だったから・・・
同姓同名で生年月日も同じですが、別人の生命保険を差し押さえて解約するという、手違いがありました。 ...続きを見る
つれづれなるままに
2011/10/18 00:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
不幸な偶然の一致 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる