つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れ物はネットで検索

<<   作成日時 : 2007/12/11 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007年12月10日に施行された改正遺失物法で、落とし物のWeb検索が可能になりました。 
落とし物の返還率アップを目指すそうです。 

落とし物の取り扱いについて定めた改正遺失物法が、2007年12月10日に施行された。

警察に届けられる拾得物は、年間1200万点余りに上る一方、返還率は約3割にとどまっており、新たな制度導入で、返還率アップを目指す。

落とし物情報を都道府県警のWebサイトで検索できるようにして落とし主への返還率アップを目指しているほか、拾得物の保管期間を6ヶ月から
3ヶ月に短縮し、保管費用の削減を狙う。
同法の改正は約50年ぶり。

都道府県内の拾得物情報を、県警ごとのサイトに集約。
落とした日付や落し物の種類などで検索できる。

落とし主への「成り済まし」を防ぐため、落とし物の写真は掲載せず、公開する情報は物品の概要にとどめる。

現金の場合は、場所などのほか、1000円以上かどうかだけを記し、名乗り出た人の申告する金額が合っていれば返還することになる。

1万円以上の現金やクレジットカードなど貴重品については都道府県警で情報共有し、各サイトから全国分をまとめて検索できるようにした。

拾得物は、届け出を受けた警察署が管理しているため、なくした場所が分からなかったり、なくした場所と届け出場所が異なる場合などは見つけることが難しかった。
これからは都道府県単位でまとめて検索できるようにし、落とし主を見つけやすくする。

携帯電話やクレジットカードなど個人情報が入った物については、落とし主が見つからない場合でも、拾った人に渡さないよう改正。

携帯電話や預金通帳、カード類は、警察が携帯電話会社などに所有者の照会ができるようにするほか、保管期間が過ぎても、拾い主には渡さず廃棄する。
パソコンはハードディスクが外せる場合は、本体だけを提供する。

犬やネコは都道府県などが引き取り、それ以外のペット類は従来通り、警察や専門施設などで預かる。

鉄道や航空会社などは、高額な物以外は各事業者の施設内で拾得物を保管できる。

警察庁によると、2004年の1年間に全国の警察に届けられた拾得物は約1070万点、落とし物の届け出は約742万点で、統計が残る1956年度の3.5倍に増加。
現金は約132億円あり、現金だけでみると落とし主への返還率は69.7%だった。

警察庁が2005年に実施したアンケートでは、落とし物をした人の3割が、「何もせずにあきらめた」と回答。
警察庁の担当者は、「簡単に検索できるので、見る人が増えれば返還率も上がるのではないか」と期待を寄せている。

返還率が低く、大量で安価な傘や衣類などは、落とし主が現れなければ、届け出後の公告から2週間以内に売却、廃棄できるとした。

[2007年12月10日(月) 15時49分]

ニュース記事

↓改正遺失物法について
http://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki2/KaiseiIsitsubutsuhouTop.files/slide0001.htm

↓各都道府県警察における遺失物の公表ページ
http://www.npa.go.jp/consultation/chiiki2/ishitsubutsulink.htm


落し物がネットで検索できるようになるのか。
便利になったもんだ。

でも、これまでは半年は保管されていたのが、半分の3ヶ月になるなんて、、、

まぁ、落し物を探す人は、落としたと分かったら、すぐにあちこち探すから、3ヶ月でもいいのかな。

何年か前にテレビで、鉄道の落し物を放送していたけど、1番多いのは「傘」だそうだ。

自分も、傘は手に持っていないと忘れそうなので、電車内では手から離さないようにしています。
いつだったか、ドアそばの座席に座って、横の手すりに傘を引っ掛けてたら、忘れて降りちゃったもので。
でも、ホームに降りた瞬間に、“あっ、傘!”と思い出したので、電車のドアが閉まる前に無事に取り戻しましたけどね。(;^_^A

忘れ物の中には、なぜか、入れ歯や位牌、骨壷なんてのもあるらしいです。

仮に自分がそんな忘れ物を届けて、3ヶ月の保管期間が過ぎても、そんなのは要らないです。
というか、渡されても困っちまいます。(´-ω-`;)ゞポリポリ

それよりも、現金のコーナーがあるようですが、お財布を見つけて、素直に届ける人は上の記事を見ると、約7割はいるんですね。
まだまだ、善良な人が大勢いるんですね。
財布を落としたら戻ってこないって、よく言われるんですけどね。(´-ω-`;)ゞポリポリ

でも、このシステムも、データがUPされるのに数日かかるらしいので、落し物を早く探したい場合は、やっぱり以前のように、鉄道会社や交番に届けた方が早いようです。
でもって、届けた後にこのシステムを使って探すのがいいかもね。

まっ、忘れ物をしないのが1番なんですけどね。(´▽`*)

↓こちらは、そんな遺失物管理所が舞台になった小説です。
遺失物管理所
遺失物管理所


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『落し物』『忘れ物』が変わる
「落し物」や「忘れ物」の対応が変わるそうだ。 ...続きを見る
『 じゃん・だら・りん』部録
2007/12/11 09:20
忘れ物
 14日に警視庁の遺失物センターへ連絡しましました。 ...続きを見る
いろいろ、何色? Part 2
2008/02/16 16:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あまり「落し物」「忘れ物」をしません

ただしお酒を飲んだら我を忘れて
評判を落とします
( ̄^ ̄) エッヘン
ひろ
2007/12/12 11:45
ひろさん 
ありゃ大変 
そんなことにならないよう、「我」や「評判」は金庫に入れて大切にしまっておきましょう。(⌒▽⌒)v
眠り猫
2007/12/12 16:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
忘れ物はネットで検索 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる