つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀行が「自由に使っていいよ」と言ったのに

<<   作成日時 : 2008/02/23 03:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

同姓同名はたまにありますが、こんな場合はどうなんでしょうか。 

アメリカ・ニューヨークの銀行コマースバンクで、ある男が同姓同名の別人と間違えられ、その男性の口座から200万ドル(約2億1500万円)を引き出したとして2008年2月19日(火)、重窃盗罪で法廷に召喚された。

この男はベンジャミン・ラヴェル(48)。

ベンジャミン・ラヴェル容疑者は、コマースバンクの自分の口座に800ドル(約8万6000円)持っていた。

2007年12月、ラヴェル容疑者が同銀行に預金に行ったところ、銀行の窓口担当者は同姓同名の別の名義人口座と間違え、この行員から口座に500万ドル(約5億3500万円)の預金があると言われた。

「自分の口座には、500万ドル(約5億3500万円)の残高はないはずだ。」と伝えた。
しかし担当者は、「これは間違いなくあなたの口座です。 なのでお引き出しは自由です。」と答えたという。

検察によると、
「米国で最も便利な銀行」と宣伝しているコマースバンクは、
セールスマンのベンジャミン・ラヴェル(今回の容疑者)を、
不動産管理会社に勤めるベンジャミン・ラヴェル氏(同姓同名の被害者)と間違えたという。

また、検察によると、ラヴェル容疑者は自分の金ではないことを知りつつ、数回にわたり合計200万ドル(約2億1500万円)以上の現金を引き出し、引き出した金をいくらか寄付し、恋人に贈り物として宝飾品を買うなどしたが、大半を投資につぎ込み失敗、失ってしまったそうだ。

なお、銀行側と同姓同名の名義人側からはコメントが取れていない。

ラヴェル容疑者の保釈金は300万ドル(約3億2100万円)。
仮に有罪判決となれば、最長25年の禁固刑が科せられる可能性があるという。

ラヴェル容疑者は、無罪を主張している。

[アメリカ・ニューヨーク 2008年02月20日(水) AP]
[ 2008年02月22日(金) 03時51分 ]

ニュース記事

このほかの同姓同名の記事
↓『偶然の過ち』   2008年01月14日(月)
http://nagaraja.at.webry.info/200801/article_12.html

↓『不幸な偶然の一致』   2007年09月30日(日)
http://nagaraja.at.webry.info/200709/article_31.html

↓『乳幼児が犯罪者?! 』   2006年11月07日(火)
http://nagaraja.at.webry.info/200611/article_7.html


えっ?!

銀行側はお咎めなしなの?

そりゃあ、自分の口座じゃないと分かっているのに、その金を使っちゃあいかんのは、確かにその通りなんだけどさ。

そもそもの事の発端を銀行が作ったんじゃないか。

自分の預金口座にもたいした金額があるわけじゃないから、この容疑者の気持ちはよく分かるよ。

自分だって、いきなり、大金が入ってる口座が “あなたのものです” なんて言われたら、思いっきり使っちゃうもの。ヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ

なんか、この容疑者が気の毒になってきました。(´・ω・`)ゞポリポリ


追記:
その後の続報です。
同姓同名の人物の銀行口座から、200万ドル(約2億1500万円)の現金を盗んだとして起訴されたベンジャミン・ラヴェル容疑者は、銀行に「あなたの口座です」ときちんと説明されたため、現金を引き出したのであって、罪に問われるようなことはしていないと弁護人に話しているという。

ジュリー・フライ弁護士によると、重窃盗容疑に問われているベンジャミン・ラベル(48)は、自分と同姓同名の人が所有する預金580万ドル(約2億1500万円)の口座について、
銀行側に「あなたの口座に間違いありません」と色々説明されて納得したと語っており、“盗もうと思ったわけではない”ことを主張している。

また、法廷でその詳細を語るつもりだとフライ弁護士に話しているという。

逮捕後、ラベルの保釈金は100万ドル(約1億710万円)に設定されたが、2008年2月22日(金)に1万ドル(約 107万円)まで減額された。

[アメリカ・ニューヨーク 2008年02月23日(土) AP]
[ 2008年02月24日(日) 11時06分 ]
ニュース記事

まぁ、有罪となるか、無罪となるかは、弁護士の腕次第なんでしょうけど、銀行はなんのお咎めもないってのは、やっぱり、納得できないなぁ。

そもそも、銀行が「あなたのに間違いありません」なんて言わなければ、起こらなかった事件だしね。


銀行窓口の向こう側
銀行窓口の向こう側


隠されてきた銀行の真実
隠されてきた銀行の真実


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
同姓同名だったから・・・
同姓同名で生年月日も同じですが、別人の生命保険を差し押さえて解約するという、手違いがありました。 ...続きを見る
つれづれなるままに
2011/10/18 00:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
関係ない他人さんにお金をプレゼントした銀行に罪を問えるはずもありません
もちろん本当の預金者には賠償義務を負うのですから
( ̄ー ̄)
ひろ
2008/02/23 08:15
銀行が本来の口座持ち主に賠償するんでしょうかね。 まぁ、きっかけを作ったのが銀行だものね。f(^^; )
眠り猫
2008/02/23 14:49
ルーズな人だと自分の残高も知らないで、残高あるから引き落としちゃうっていう人もいるはず、知らずに引き落として使っていたら、また、罪はかわってくるだろうね。
でも金額が多すぎるけど(笑)
間違えていれたのは銀行なんだからね。
(* ̄. ̄)c チョットかわいそうな気もするね
みさ♪
2008/02/23 15:42
みさ♪りん 
たなぼたのお金は宝くじに期待するしかないんでしょうね。(;^_^A
銀行になんの処分がないのは納得できないけどね。
眠り猫
2008/02/23 15:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀行が「自由に使っていいよ」と言ったのに つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる