つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 後期高齢者医療って・・・

<<   作成日時 : 2008/04/27 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、朝日新聞に「後期高齢者医療」について、かなり分かりやすく解説している記事を見つけました。 

池上彰の新聞ななめ読み
<後期高齢者医療 お伝えします 制度の狙い>

先週(2008年4月14日(月))のこの欄で、「朝日新聞の後期高齢者医療制度についての説明は専門用語が多くてわかりにくい」と書きました。
2008年4月13日(日)朝刊の「声」欄(読者の投書欄)への中学生からの投書にも、同じ趣旨の指摘がありました。
「わかりやすく説明してください」と要望されてしまいました。

そこで、僭越(せんえつ)ながら私(池上彰)が、新制度発足の目的を説明しましょう。
画像
高齢者医療について学者の世界では、
65歳以上74歳までを前期高齢者、
75歳以上を後期高齢者と分類しています。

この用語をそのまま使ったため、該当者は「まるで末期扱い」と怒っているのです。

この制度を決めたのは2年前(2006年)。
小泉政権です。

小泉政権の改革の象徴は「自己責任」と「痛みを伴う改革」でした。

統制労働省の本音は、次の通りです。

世は高齢社会。
医療費のかかるお年寄りは増える一方で、その医療費を負担する若者の数は少子化で減っていく。
若者の負担を減らし、お年寄りには、それなりの負担をしてもらおう。

息子や娘が会社の健康保険組合に入っているお年寄りの場合、息子や娘の扶養家族になっていれば、これまで保険料の負担はなかった。
そういう人たちにも保険料を払ってもらい、75歳以上はみんなで保険料を負担してもらおう。
「自己責任」だ。

保険料の金額の設定は都道府県単位にして、高齢者の医療費がかかり過ぎると、都道府県ごとに保険料を値上げできるようにしよう。
支払う保険料が値上げする仕組みにしておけば、高齢者は気軽に医者にかかることを控えるようになり、医療費は抑えられるだろう。
「自己責任」だ。

高齢者とそれ以外の人との間で診療報酬(医師や病院が受け取る代金)の仕組みを別にして、高齢者に手厚い診療をしても、受け取れる診療報酬には上限を設ける。
そうすれば、高齢者の医療費が増えるのを防げるだろう。

えっ、高齢者は手厚い診療を受けられなくなるかもしれない?
だから「痛みを伴う改革」。

保険料はどうやって集めるのか。
同じ厚生労働省だ、年金から天引きしよう。
これなら取りはぐれがない、おっと失礼、未納が防げる。

えっ、年金の少ない人からは天引きできない?
そういう人には自分で保険料を払ってもらおう。
払わない人からは保険証を取り上げよう。
「自己責任」だ。

これが、制度改革の本音。
制度の趣旨を国民がよく理解すると怒るので、分かりにくくしてあるのかも。

2008年4月21日(月) 朝日新聞・夕刊



なるほどねぇ。。。

前期および後期高齢者の年齢区分のことは知っていたから、名称自体には別に何とも思わなかったけど、中身はえらく分かりにくかったもの。

新聞の投書欄などでは、名称がイヤだというのが目立つけど、本当は、名称が「後期高齢者医療」だろうが、「長寿医療」だろうが、中身が同じなら、ろくでもない制度なんだよね。

これは、小泉政権の置き土産といったところでしょうか。

郵政民営化といい、今回の「後期高齢者医療」といい、まったく、とんでもないものを置いていってくれたものです。

しかし、実施したのが現在の安部政権だと言うので、“阿部さんはとんでもないことをやってくれたもんだ”なんて、ブーイングが出ているらしいです。

なんか、安部総理が気の毒になってしまいました。

それにしても、『制度の趣旨を国民がよく理解すると怒るので、分かりにくくしてあるのかも。』というのは、なかなか言い得ているねぇ。(笑)

確かに、それが狙いなんだろうな。

この記事みたいに、単純に分かり易くしたら、国民は叛乱を起こしそうだ。(; ̄Д ̄)

でも、国民も莫迦じゃないから、早晩、気が付くだろうね。
いや、もう、気が付いているかも。(;′Д`)ノ

医療構造改革と地域医療 新版
医療構造改革と地域医療 新版
〜後期高齢者医療と財政問題から日本の医療を考える〜



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あまり具合が悪くない人が井戸端会議のように病院に来ているというのは聞いた事がありますけど、本当に具合の悪い人が貧困の為に病院にかかれないというのはひどい話です。
動けない人老人は早く死ねというようなものです。政治家は庶民の生活をしらなすぎます。
みさりん♪
2008/04/28 16:04
みさりん♪ 
その井戸端会議の話は聞いたことがあります。
お爺ちゃんお婆ちゃんが病院の待ち時間にあれこれおしゃべりしていて、「あの人こないねぇ。どうしたのかしら。具合でも悪いのかな。心配だわ。」なんて会話がされることもあるみたいです。
ここは病院だろうが!って、つっこみたくなりますけどね。(苦笑)

小泉政権で決まったことなので、“医師、患者、対象の高齢者全体”での痛みわけなんでしょうね。
でも行政はなーんにも痛くないんですよね。(爆)
眠り猫
2008/04/28 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
後期高齢者医療って・・・ つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる