つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS もしクマさんに出会ったら

<<   作成日時 : 2008/11/18 03:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

♪ある日森の中くまさんに出会った♪ なんて歌がありますが、もし、本当に出会ったらどうしますか。

秋も深まってきたが、まだまだ熊出没の季節。

ところで、熊にあったときの対処法として、近年は「死んだフリは逆効果」というのが、常識として知られるようになっている。

理由は、「熊もビックリして襲う」とか、「死んだフリをしていると、確認のために熊が噛みついたりする」など言われています。

予防法としては、「突然あわないように、ラジオなどをかけて歩く、笛、鈴などで自分の存在を知らせる」ということ。

であってしまったら、「騒がない」「そっと下がる」「背中を見せて逃げない」「熊撃退スプレーを使う」などの方法が指摘されている。

では、ここでちょっと不思議に思うこと。

なぜかつては「死んだフリをしろ」といわれていたのか。

迷信が広まった理由とは?

「昔は死んだフリでもある程度良かったが、今は森林伐採などによって、熊が人里におりてきてしまっているから、通用しなくなった」という声もあるけど……。

NPO日本ツキノワグマ研究所代表の米田一彦さんに聞いてみたところ、
「なかなか良い質問です」として、その回答があるという『生かして防ぐ クマの害』(農山漁村文化協会)を紹介してくれた。

本書によると、熊による殺傷事件は北海道の開拓時代にはたくさんあり、そのうち、歴史上で日本最大の事件が、大正4年に起こった北海道の苫前村で起こったものだという。

これは、一頭のヒグマが、2晩のうちに、胎児を含めて7人を殺し、3人に重軽傷を負わせ、しかも、犠牲者の多くを食ったという事件だ。

ヒグマが何度も襲ってくるなか、6日目でようやく射殺されたのだというが、気になるのは、この事件で、無傷で生き残った11歳の男の子と、6歳の女の子がいたということ。

それについて、こんな記述がある。
「男の子は積んであった俵の間に潜って難を逃れたが、女の子は布団の中で、事件を知らずに眠っていたのだ。
小さな女の子に命を残したのは、神の気まぐれだったのだろうか。
クマに敵愾心もいだかず恐怖心も与えず、身動きしなかったことが、女の子が助かった理由だろうか」

「熊には、自分が倒した自分の獲物に執着し、その獲物を妨げる者を『排除』しようとする習性が強い。
そのことが犠牲者を追跡したり、遺骸から離れない執拗さとなって現れるのだ」

つまり、たまたま何の抵抗もなく眠っていた女の子が、熊の被害から逃れたというエピソードが広まり、迷信を生むきっかけの1つになったということは十分考えられるよう。

実はこれに近い事件が、明治から昭和初期まで数多くあったともいう。

歴史的には、「眠っていて助かった子がいた」という記録は確かにあった。

とはいえ、やはり「死んだフリ」は有効手段でないのは紛れもない事実。

改めて、「死んだフリ」は危険なので、絶対にやめましょう。

【 2008年11月16日(日) 】

ニュース記事


なるほど〜。

“死んだふり”じゃなくて、熟睡していたから助かった事例があったのか。

それが伝言ゲームで、いつの間にか“死んだふり”になったらしい。

だからって、山道で出会ったら、クマが目の前にいるのに熟睡なんて出来ないわな。

昔、高校時代に言われたのは、“道路から外れないこと”、“歩く時は鈴など音を鳴らせておく事”だった。

特に、春先で子連れのクマと秋のクマには気をつけろとも言われた。

子連れのクマは、子供を守るために敵を必ず倒すし、秋のクマは冬眠前にたっぷり栄養をつけておく必要性から、やや過激になっている。

かといって、夏のクマが安全かというと、必ずしもそうではないけどね。

自分はクマさんを見かけたことはないけど、友人は30mくらい先でクマが歩いているのを見たことがあったようです。

それくらいの距離なら安全そうです。

クマって、本当はとっても臆病な生き物なんですよね。

だから、クマの生息エリアに入っていかなければ、襲われることはないんです。

今の時期、きのこなどの山菜を採りに行って、クマに出会うケースが多いです。

また、ここ数十年で人間が住む範囲が、より山に食い込んだことも影響しているのでしょう。

山は、クマなどの野生動物の領域なのに、そこに人間が入り込んでいくから、こういうトラブルに見舞われることになる。

他人の家にお呼ばれした時のように、山に生息する野生の動植物にも敬意と十分な注意を払って行きましょう。


スーツケーステディベア
スーツケーステディベア
〜スーツケースの中にベアが入っています〜


生かして防ぐクマの害
生かして防ぐクマの害

クマよけガード鈴 ヒラタイプ
クマよけガード鈴 ヒラタイプ


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
熊の肝は二日酔いに効果的です
いや。。ただそれだけのことなんですが・・・
ひろ
2008/11/18 08:48
へー、そんな薬効があるんですか。知りませんでした。
でも肝を取ったらクマさん死んじゃうじゃない。
飲み過ぎないでね
眠り猫
2008/11/18 16:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
もしクマさんに出会ったら つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる