つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 同姓同名カップル

<<   作成日時 : 2009/07/23 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

誰もが、一度は検索したことがあるだろう自分の名前。 
もし、自分と同じ名前の人がいたら、どうしますか? 

ありふれた名字と名前の組み合わせでなければ、実社会で自分と同姓同名の人物に出会う機会は少ないが、ネットを検索すると意外と出てくるもの。

特に近年は実名で登録するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などの存在もあり、そんな人同士が交流を持つこともできる環境になってきた。

こうした中、米国でSNSを通じて知り合った同姓同名の男女が互いに一目惚れして恋に落ち、今年(2009年)10月に結婚することになったという。

画像


アメリカ・フロリダ州に住む20歳の女子大生ケリー・ヒルデブランドさん(写真右)は2008年2月、退屈しのぎにアメリカのSNSのFacebook(日本で言うmixiのようなもの)で、自分と同姓同名の人物を検索した。
すると、アメリカ・テキサス州の金融関係会社に勤める男性ケリー・ヒルデブランドさん(写真左)を発見する。

その瞬間、女性のヒルデブランドさんはFacebookに公開されていた男性のヒルデブランドさんの写真を見て一目惚れ。
同姓同名であることに加え、美男子を見つけて喜んだ彼女は、すぐに男性のヒルデブランドさんにメッセージを送ったそうだ。

一方、男性のヒルデブランドさんがメッセージに気付いたのは、届いた2日後のことだった。
すかさず送り主のページをチェックした男性のヒルデブランドさんは、女性のヒルデブランドさんの写真を見て好印象を抱き、メールやチャットを通じた交流が始まる。
イギリスの新聞デイリー・メールによると、3ヶ月間こうしたやり取りで交流を深めた2人は、やがて毎日の電話もするようになったという。

2人の仲は深まっていったものの、ネットや電話だけで盛り上がる関係に不安を抱いた男性のヒルデブランドさんは、彼女の気持ちを試す行動に出た。
ある日「君がスキューバダイビングのライセンスを取ったら、フロリダに会いに行くよ」と約束したのだ。
女性のヒルデブランドさんの気持ちが真剣かを確かめたかったそうだが、その一方で取得しないだろうとも予想していた。
ところが、彼に惹かれていた女性のヒルデブランドさんは約束を果たそうと努力し、見事にライセンスを取得。
2人はついに対面することになった。

アメリカ・フロリダの空港で初めて会った2人は、顔を合わせるなりすぐに抱き合ったという。
女性のヒルデブランドさんは「彼をずっと昔から知ってる人のように感じた」と振り返っている。
その場には彼女の母親も同席していたが、娘と同姓同名の男性に好感を抱いた模様。
それからテキサスとフロリダの間で2人の行き来が始まり、女性のヒルデブランドさんも男性側の家族から気に入られたという。

順調に愛を育んだ2人は2008年12月、彼女の家の近所にある浜辺を散歩していた。
その際、男性のヒルデブランドさんは砂浜の中に指輪を入れた宝箱を埋め、彼女が金属探知機でそれを探し当てたのを確認し、プロポーズ。
2009年10月に結婚する運びになった。

男性のヒルデブランドさんは彼女と知り合ってすぐに転勤願いを会社に申し出ていたそうで、つい2週間前にフロリダへの転属が決定し、新たな生活を始めている。

運命的な出会いから結婚にまでこぎつけた2人だが、送られてきた郵便物がどちらに届いたのか分からなかったり、旅行をしようと申し込んだ際には代理店がミス登録と勘違いして1人分の予約しか入らなかったりなど、同姓同名ゆえの苦労もある様子。

近所の人も、2人を呼び分けるため、男性のほうを「ケリー」か「ケリーボーイ」、女性のほうを「ケリーガール」と呼んでいるという。
さらにややこしい状況になるのを防ぐためか、2人の間に子供ができても「ケリー」とは名付けないようだ。

結婚する前には二人は、先祖の記録を250年くらいさかのぼり、血縁関係にないことも確認したそうです。

二人は同姓同名であることはそれほど悪いことでないと言いながら、郵便物はどちらに来たものがわからずに、とにかく開封してみるまで判別つかないと言います。

同じ名前の人を検索したのがきっかけで結婚すると言うのもドラマチックですが、手紙のプライバシーの無さがトラブルに発展しないことを祈ります。

こんな出会いの方法もあるのかと真似したくても、中性的な名前じゃないと難しいのが残念ですね。

【 2009年07月22日(水) 13時13分 】

ニュース記事


ほぇ〜〜〜・・・

こんなことって、あるんだねぇ・・・

そりゃあ、自分だって、自分の名前を検索してみたことはあるけど、そうそう引っかかるものじゃない。

かろうじて、母の名前で同姓同名が見つかったくらいだ。

もっとも、相手はどこかの大学の教授で、母は主婦。
ずいぶん違うわな。(´-ω-`;)ゞポリポリ
連絡とってみようか?と聞いたことはあるのですが、しなくていいと言うので、そのままにしてあります。

それにしても、お互いの先祖の記録を250年も遡(さかのぼ)れるなんて、すごいです。
自分の祖父の戸籍は、太平洋戦争(第2次世界大戦)の空襲で焼失してしまったため、それ以前は調べようもないのです。
もっとも祖父の手記で、祖父の祖父(曾々祖父:自分からみて5代前)のことが書いてあるものがあるので、そこまではかろうじて分かります。
せいぜい、150年前後くらいでしょうか。

アメリカって、よく同姓の親子で親と同じ名前にする(例:父がジャックなら子もジャック)にする場合が多いらしいのですが、そうした時は父はシニア・子はジュニアと呼び分けているようです。
でも、夫婦で同姓同名だと呼び分けも大変そうです。
でも、子供は違う名前にするみたいだから、まだましかもね。(;^_^A
これで、子供も同じ名前だと、周りが迷惑かも・・・

なんにせよ、末永い幸せをお祈りします。


姓名の暗号
姓名の暗号
〜あなたの過去、現在、未来のすべてがわかる〜



↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
同姓同名だったから・・・
同姓同名で生年月日も同じですが、別人の生命保険を差し押さえて解約するという、手違いがありました。 ...続きを見る
つれづれなるままに
2011/10/18 00:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今まで同姓同名の方に2人出会いました
でも絶対にカップルになりたくありません(笑
ひろ
2009/07/23 10:28
2人も同姓同名の人がいるなんてすごいですね
結婚とはいかなくても良い友人にはなれるかもしれませんね。
眠り猫
2009/07/23 15:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同姓同名カップル つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる