つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 火の鳥《オリジナル版》復刻大全集 全12巻

<<   作成日時 : 2011/05/22 00:04   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ファン悲願のオリジナル復刻版発売!

手塚治虫が“生命と愛と死”をテーマに、足かけ35年間にわたって描いた大作「火の鳥」。
これまで発売されてきた単行本は雑誌連載時から改編が加えられていることが多く、ファンの間では初出時を再現したオリジナル版の刊行が長らく待たれていた。
その悲願を叶える「火の鳥《オリジナル版》復刻大全集」が、復刊ドットコムよりついに全12巻で発売されます。

画像


絶版になったり品切れになっている本をユーザーからの投票を受けて復活させるリクエストサイト「復刊ドットコム」で、手塚治虫の「火の鳥」オリジナル版復刻大全集(全12巻)が2011年6月下旬に発売となります。

「火の鳥」は1954年に「漫画少年」で連載がスタートし、5つの雑誌をまたいで35年間にわたって続いた超大作です。
今回はそのオリジナル版ということで、全扉絵などを収録した永久愛蔵版として刊行されることになります。
価格は9万8700円。初版完全限定特別出版で、再版はしないとのこと。

2011年5月には「仮面ライダー 1971 <<カラー完全版>>BOX」という、石ノ森章太郎の手によるコミック版が復活。
これは1971年に雑誌形態で1度刊行されたきりのもののオリジナル原稿が見つかったので、ライダー40周年記念として刊行されるもの。
こちらも初版完全限定商品となっています。

【 2011年05月20日(金) 18時08分 】

ニュース記事


↓火の鳥《オリジナル版》復刻大全集 復刊ドットコムPRページ
http://www.fukkan.com/sp/hinotori/

↓【3大特典付】 火の鳥《オリジナル版》復刻大全集 全12巻 復刊ドットコム販売ページ
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68319289

☆☆☆本シリーズの3大特長☆☆☆
1 雑誌連載時の貴重な《オリジナル・バージョン》の全エピソードを、初の刊行。
2 作品本来のスケール感を存分に堪能できる、B5判・フルサイズ&フルカラーの迫力ある誌面。
3 永久愛蔵版にふさわしい、ハードカバー&化粧箱入りの豪華仕様。

■全12巻/B5判(雑誌原寸大)/フルカラー/ハードカバー上製/美麗化粧箱入り
■各巻内容(予定):
第1回配本: 「黎明編」  6月発売予定   360P 1967年「COM」連載
第2回配本: 「未来編」  7月発売予定   308P 1967-68年「COM」連載
第3回配本: 「ヤマト編・宇宙編」  8月発売予定   331P 1968-69年「COM」連載
第4回配本: 「鳳凰編」  9月発売予定   387P 1969-70年「COM」連載
第5回配本: 「復活編・羽衣編」  10月発売予定   382P 1970-71年「COM」連載。
 ※「COM」未完版「望郷編」、短編「休憩」も収録。
第6回配本: 「望郷編」  11月発売予定   425P 1976-78年「マンガ少年」連載。
第7回配本: 「乱世編(上)」  12月発売予定   319P 1978-79年「マンガ少年」連載。
 ※「COM」未完版「乱世編」収録。
第8回配本: 「乱世編(下)」  12年1月発売予定   300P 1979-80年「マンガ少年」連載
第9回配本: 「生命編・異形編」  12年2月発売予定   247P 1980-81年「マンガ少年」連載
第10回配本: 「太陽編(上)」  12年3月発売予定   443P 1986年「野性時代」連載
第11回配本: 「太陽編(下)」  12年4月発売予定   440P 1987-88年「野性時代」連載
第12回配本: 「エジプト編・ギリシャ編・ローマ編」  12年5月発売予定   303P 1956-57年「少女クラブ」連載
 ※「漫画少年」未完版「黎明編」も収録。

本製品には、
・各話の全扉絵を、フルカラーで初のコンプリート収録予定
・連載時の記事・エッセイ・イラストなどの貴重な資料も収録予定
・「火の鳥」のバージョンについて:
さまざまな雑誌に長期連載された「火の鳥」は、これまで数多くの形で単行本化されてきましたが、ストーリー展開やセリフ、絵柄などの内容が雑誌掲載時と異なる場合が多く(改編の度合いはエピソードによって違います)、また、カラーページや誌面サイズの再現が通常の単行本では制限があることから、オリジナルの《雑誌初出バージョン》は、これまで一度も単行本化されていませんでした。前述のような各編の改編の意図としては、「いつの時代にもフィットした形で自作を読者に贈りたい」という手塚先生ならではの願いとサービス精神が根底にあり、各バージョンの「火の鳥」に、それぞれ独自の個性と価値があることは言うまでもありませんが、“幻”となっていた雑誌連載版をまとめて読むことは、新旧世代を問わず、手塚ファン&漫画ファンの永年の夢でした。今回の企画は、「火の鳥」《オリジナル版》の全エピソードを、全12巻で、一挙に完全復刻するものです。

価格:予価 98,700 円 (税込)



すごい!!<(°д°;;) >

「火の鳥」のコミックスは何冊か持っているけど、一番古いのは「マンガ少年版」が何冊かあるだけ。

オリジナル版はぜひとも欲しい。

欲しいけど約10万円かぁ〜〜〜・・・

せめて、5万円以下だったら、即決で買うんだけどなぁ・・・
3万円前後だったら、保存用にもう1セット買っちゃうんだけど。
この額じゃあ、1セットがやっとだよ。

こうして悩んでいる間にも、どんどん誰かが買っている。
最初にこの販売ページを見た時には70セットあったのに、見る間に少なくなっている。

どうしよう・・・ ( ̄〜 ̄;)ウーン・・・

どこかにお金落ちてないかなぁ・・・ (´-ω-`;)ゞポリポリ



↓よろしければクリックお願いします。 励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小学生の頃いとこが持っていたのを読みました
本当に少年少女たちに読んで欲しいのか?
今の時代に作品を伝えたいのか?
値段を見れば何となくわかるような気もします
ひろ
2011/05/22 05:12
子どもの頃お小遣いでは買えなかったものが大人になってドーンと買えるようになったけど、この額では大人でも買うのが大変です。
それこそ『清水の舞台から飛び降りる』つもりにならないと・・・
買うにはお財布と相談しないと答えが出ません。
眠り猫
2011/05/22 05:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
火の鳥《オリジナル版》復刻大全集 全12巻 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる