つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS リアル『スパイ大作戦』

<<   作成日時 : 2011/05/25 00:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

アメリカのドラマ『スパイ大作戦』の中で、猫を使ったエピソードがありましたが、現実のスパイ活動でも、猫を使った作戦があったようです。

5年の歳月と16億円の費用を投じたのに・・・

今年5月初めに、国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビン・ラディン氏が、米軍の急襲を受け死亡した。
襲撃作戦には軍用犬も参加しており、パラシュートで降下して爆弾を嗅ぎ分けるなどの活躍をしたそうだ。

実はCIA(アメリカ中央情報局)は、その昔、旧ソビエト大使館の情報を得るために、猫をスパイ作戦に参加させようとしたそうだ。
ところが、5年の訓練と2000万ドル(約16億円)の費用は、作戦決行直後に一瞬で無駄になったという。

この事実はアメリカの作家ロバート・ウォーラント氏の著書「Spycraft(スパイ技術)」のなかに紹介されているものだ。
それによると、CIAは猫の耳に盗聴器、背中にはセンサーを付けて、ソビエト大使館の近所を徘徊させ、情報を盗み取ろうとしていたそうだ。

画像


当然ながら、猫は犬のように人間の思うような行動をしない。
そこで専属トレーナーのもとで訓練し、ある程度言うことを聞くようにしつけたという。
作戦決行にこぎ着けるまでには、5年の歳月と巨額の費用を要した。

そして作戦を実行するに至ったのだが、結果はとても残念なものであった。
大使館近くの公園で、2人の男性が話している内容を盗聴するはずだったのだが、車から解き放った猫は、道路を横断途中でタクシーにはねられて死んでしまったのだ。

この経験からCIAは以後、2度と猫をスパイとして使用することはなかったそうだ。

そう簡単に猫が言うことを聞かないのは、想像がつきそうなものだが……。

世界に名立たるCIAでも、猫の行動までは予測できないようだ。

【 2011年05月24日(火) 】

ニュース記事



ドラマの中では猫のラスティが重要な役割を担って作戦成功となったけど、現実にはそうはいかなかったか。
ひょっとして、このアイディアは『スパイ大作戦』を見たから、だったりして。
まさかねぇ・・・。(´-ω-`;)ゞポリポリ

猫は犬と違って訓練しづらいんだけど、実際の作戦に使おうとするくらいだから、それなりに訓練出来ていたんだろうな。
どうやったんだろう?

スパイ活動には無理だったかもしれないけど、訓練のノウハウを使って猫の訓練学校を開いていたら元は取れたかもね(=^・^=)

ちなみに本家?の『スパイ大作戦』第2シーズンの『 ヒスイの印璽(いんじ)』のエピソードガイドは↓こちら
http://www.geocities.jp/bonbel2/page052.html#lcn008

↓ドラマでのスパイ猫の活躍シーン
画像




スパイ大作戦 第2シーズン



↓よろしければこちらをポチッとお願いします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング





世界スパイ作戦 ―2次大戦で暗躍した各国情報機関の戦い (光人社NF文庫)
光人社
広田 厚司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界スパイ作戦 ―2次大戦で暗躍した各国情報機関の戦い (光人社NF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
B型の私は素直に人の言うことを聞かないのでスパイには向かないと思います
ひろ
2011/05/26 20:14
B型男性はリーダータイプのようだから、『スパイ大作戦』のジム・フェルプスみたいになれるかもしれませんよ
眠り猫
2011/05/26 20:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リアル『スパイ大作戦』 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる