つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 神奈川県横浜市と大阪府が津波対策

<<   作成日時 : 2011/07/07 05:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東日本大震災から、あと数日で4ヶ月めになりますが、関東の横浜市と関西の大阪府が津波対策を新たにしました。

まずは神奈川県横浜市から
横浜市は2011年7月6日(水)、東日本大震災で津波が大きな被害をもたらしたことを受けて、津波からの避難の基本的な考え方を示すガイドラインの骨子を発表した。

東日本大震災で高さ1.6メートルの津波が市内で観測され、東海地震発生時に想定している津波の高さ約1メートルを超えたため、避難対策の強化が必要と判断した。

ガイドラインでは、横浜に到達した津波の中で最大とされる、元禄地震(1703年)で発生したのと同じ高さ2.1メートルの津波を想定し、浸水場所を避難対象区域に指定した。

これまで高さなどの明確な基準がなかった避難場所についても、標高5メートル以上の高台または堅固な建物の3階以上とした。

今回想定した規模の津波では、横浜市沿岸部の鶴見区、神奈川区、西区、中区、磯子区、金沢区の6区でいずれも浸水被害が発生する見通し。

西区の横浜駅西口など標高の低い場所では、最大5メートルの深さで浸水する恐れがあるという。

また、横浜港に面する山下公園などの広域避難場所でも、今回想定した規模の津波では一部で浸水が予想される。

このため市は、「津波の可能性がある場合には、海沿いの地域に避難しないよう呼びかけることなどを、今後検討していく」としている。

【 2011年07月06日(水) 22時24分 】
.
ニュース記事1


続いて大阪府
東日本大震災を受け、防災計画の見直しを進める大阪府の新たな津波対策が明らかになった。

東南海・南海・東海の3連動地震が起きた場合、最大6メートルの津波が約10キロ内陸部まで遡り、大阪湾岸の10市3町計約200平方キロが浸水すると想定。

浸水エリアには約165万人が居住しており、府は今年度中に、「1時間以内にビルの3階以上」への避難を呼びかける体制を構築するほか、ビルや高架駅など避難場所の確保を進めるなど対策を強化する。

国の中央防災会議の中間報告などを踏まえ、津波の想定規模を従来の1.5〜3メートルから2倍の3〜6メートルに引き上げ、浸水予測図を作成した。
浸水エリアは現計画の30平方キロから約6.7倍に拡大。居住人口も約15万人から10倍増となった。

想定に基づくと、大阪市内では市役所や府咲洲(さきしま)庁舎は被災、キタやミナミの地下街も水没の危険性がある。
一方、海抜20メートルの上町台地にある府庁や大阪城は被害を免れるとみられる。

【 2011年07月06日(水) 12時23分 】

ニュース記事2



横浜市はこれまで、台風や大雨などで発生した洪水対策はあったけど、津波対策は全く想定していなかったんだよね。

だから、ハザードマップにも、当然、津波の避難場所なんて記載はない。
(洪水対策の避難場所は記載されています。)

自分は3月11日の大地震の時は自宅にいたから、食卓の下にもぐり込んだけど、それでも怖かった。

もし、外出先で同様な地震に遭遇したら、落ち着いて行動できるかどうか、分からない。

まして、大地震の直後は、慌てているんじゃないかと思うので、津波が来るかもしれないから高台に避難しようなんて、思いつくかどうかも分からない。

第一、西区の横浜駅周辺や中区は高層ビルはあるけど、どちらも土地は低く古い建物が多いので、福島県や宮城県に来たような地震や津波が来たとしたら、建物が持つかどうか分からない。
しかも、横浜駅周辺や中区のみなとみらい地区は埋立地が多いので、地盤も心配です。

例えば、中区にある海に面した山下公園はデートスポットで有名ですが、あれは大正12年(1923年)に起きた関東大震災で崩れた建物のがれきを埋め立てて造られた公園です。


東日本大震災の時、横浜は震度5強だったのですが、横浜駅から徒歩5分くらいのところにあるスーパー脇では歩道が液状化したり、別のビル8階にあったボーリングセンターでは屋根が崩落して使い物にならなくなったり。

もしこれが福島県(震度6強)や宮城県(震度7)みたいに大きな揺れだったら・・・。
怖いです。

横浜市では約300年前に発生した津波と同じ高さの2.1メートルを想定しているらしいけど、出来れば倍以上の5メートルを想定してもらいたいです。

でも、そんな大津波がきたら、逃げるところないなぁ。。。

どうか、自分が死ぬまでの間、あと何十年かは天変地異が起きませんように。(*人*) オネガイ




〈生活防災〉のすすめ増補版 東日本大震災と日本社会


防災ゲ-ムで学ぶリスク・コミュニケ-ション




↓よろしければこちらをポチッとお願いします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング


震災マニュアル (危機管理シリーズ)
フォーバイフォーマガジン社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 震災マニュアル (危機管理シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ユニット 824?76 反射看板 津波避難場所
ユニット

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユニット 824?76 反射看板 津波避難場所 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

エマージェンシーキット(フルセット)/防災・災害用品
_S

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エマージェンシーキット(フルセット)/防災・災害用品 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神奈川県横浜市と大阪府が津波対策 つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる