「お前はもう死んでいる」?!

患者のレントゲン写真。左右からクギが根元までグサグサ刺さっている。

オレゴン州ポートランドの病院に先日、33歳の男が「ちょっと頭が痛い」と診察にやってきた。頭のレントゲン写真を撮ってみて、医者はビックリ。
表面的にはわからなかったが、男の頭には、長さ5センチ以上あるクギが12本も打ち込まれていたのだ。

右の写真は患者のレントゲン写真。 左右からクギが根元までグサグサ刺さっている。

緊急手術をしなければ危ない、と判断した医者は、すぐに男をオレゴン保健科学大学の病院に搬送した。
この男、よほど運がよかったのか、クギは全て大きな血管など急所を外れており、緊急手術で全て除去した結果、何の後遺症も残らずに回復しそうだという。

男はメタンフェタミン(覚醒剤の一種)でガン決まりになっている時に、自殺衝動がこみ上げてきて、ネイルガン(釘打ち機)で頭にバンバン、クギを打ちこんだという。

意図的に頭部にこんなにたくさんの異物を撃ち込んで助かった症例は世界でも皆無だそうで、詳しいレポートが医学誌「the Journal of Neurosurgery」の最新号に掲載されたそうだ。

ニュース記事


何年か前にも、やっぱりアメリカで、ある男性が強盗に襲われてナイフで切り付けられたけど抵抗したら、犯人は何にも取らずに逃げて行ったそうで、その足で歩いて近くの病院に行ったら、なんとナイフが頭に刺さっていた。というニュースがあった。 この場合は見た目ですぐに分かったんだろうけどね。

それにしても、この医者はよくレントゲンを撮る事を思いついたもんだ。 えらいよ。ヽ(^o^)丿
まぁ、本人も出かける前に鏡を見れば、釘が刺さってることが分かったのかもしれないけどね。^^;

アメリカって大抵、銃がどこにでもあるから、銃で自殺する人は多いと思うけど、この人の場合は変わった自殺の方法だなぁ。(しかも失敗してるし) (;^_^A


↓よろしければクリックお願いします。励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月24日 19:36
ミラクルだね(; ̄□ ̄)yヾポロ

時として、信じられないことが起こるねえ(;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ
2006年04月25日 01:17
世界は不思議に満ちてます(;^_^A
2006年05月03日 08:14
この事件私も読みましたよ☆
すごいですよね!マジミラクル!
でも、まぁ・・・
私の読んだ記事にもあったのですが、生きていたからこそ大きく取り扱われたんですよね。
2006年05月03日 13:36
そそ。 普通、死んでますもんね。
一躍有名になったから、ある意味、良かったのかも(;^_^A

この記事へのトラックバック