キーボードを使わないと長文が書けない!?

画像

「キーボードを使わないと長文が書けない」という症状に打ちのめされているのは、どうやら文筆業に限ったことではないらしい。会社員や教師、そして学生までもが「手書きで長文を書くこと」に抵抗感を覚える傾向にあるようだ。

今回、そういった方々に「なぜ、キーボードを使わないと長文が書けないのか?」というアンケートを実施してみたところ、以下のような回答が目立った。

手書きだと漢字が思い出せない/手書きよりも作業が早く進むから/訂正も簡単に行うことができるから/キーボードを叩く音で「書いていること」が実感できるから/ディスプレイ上の整備されたフォント字で見る方が、作業意欲がわくから

う~ん、どれも納得できる理由ばかり。 これらの結果を基に、「キーボードを使わないと長文が書けない」という症状の要因はどこにあるのか、京都大学霊長類研究所の三上章允教授にお話を聞いてみた。

「アンケート結果から見ると、キーボードという便利な機械がもたらした恩恵の要因と、精神的な要因の2つがありそうです。『叩く音で書いていると実感できる』、『整備されたフォント字を見ると作業意欲がわく』というのは後者でしょう。好き嫌いの問題とも言えます。それ以外の回答は、キーボード、あるいはそれに繋がるコンピュータのもたらした恩恵が要因となっています」(京都大学霊長類研究所 三上章允教授)

 そこから考えられるデメリットとして、どのようなことが挙げられますか?

「現代では速さを要求されるため、スロッピー(雑でいい加減、ずさん)になりがち・・・という傾向があります。キーボードの使用は、それを助長するかもしれません。つまり、思考が単純化する恐れがあるのです。キーボードの使用に馴れることで、さらにその人の行動全体がスロッピーになってしまい、前頭葉(※)を使わなくなる危険があります」(同)

だが、その一方で「長文を書くとき、キーボードを使う方が一般的に能率が良いのも確か」と三上教授は語る。ただし、長文とは言わないまでも、FAX文書程度のものは書けないとまずいので、慣れておくことは必要だろう。(安田明洋/verb)

※ 大脳半球の中心溝より前方の領域。行動を起こす領域

ニュース記事1
ニュース記事2
三上章允教授のサイト



う~~~ん。 自分もPCを使わないと文章が書けないです。 (;^_^A
そもそも、小学校の頃から作文は大の苦手でした。 本を読むのは好きで、結構読むのですが、じゃあ、読書感想文を書けと言われると・・・ てんでダメです。 

でも、PCで書くと、不思議と手が進むんですよね。 なんででしょうね。 
これは、親にも言われます。 「あんたは、紙とペンで文章は書けないけど、パソコンだといっぱい書くね。」って。 あはは (^▽^;)

まぁ、でも、自分の悪筆も隠せるし、一石二鳥ですかな。 (笑)


↓よろしければクリックお願いします。励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年06月20日 16:48
そう、手書きだと、何度も下書きしながらだから大変ですね。漢字も書けないし(^ー^;A
でも、手書きの手紙をもらうとすごく、うれしいよね♪
2006年06月20日 18:57
みさ♪さん
ホント、手書きの手紙って貴重ですよね。
さらさらと達筆で書ける人はとても尊敬しちゃいますよね。(^.^)

この記事へのトラックバック