盲導犬は長寿♪

ハッピー!第8巻 文庫 (盲動犬ハッピーと点字の日記)

全国盲導犬施設連合会(塩浜良夫会長)が盲導犬の平均寿命について初の全国調査をしたところ、「約13歳で、ペットより長生き」という結果が出た。
盲導犬は忠実に働く姿から「ストレスのために短命」と誤解されがちで、使用をためらう視覚障害者もいるという。
同会は「短命、かわいそうという俗説をなくし、健康管理が行き届いている真の姿を知ってほしい」としている。

調査は、加盟する全国8カ所の盲導犬訓練施設を対象に実施。
育成した盲導犬のうち、1975年3月~今年4月に死んだ盲導犬413頭の平均寿命を算出したところ、12歳12カ月(11カ月以上12カ月未満)だった。死んだ年齢は15歳が70頭と最も多く、次いで14歳の68頭。 最高齢は17歳で5頭いた。

一方、飼い犬は東京農工大大学院の林谷秀樹助教授(獣医学専攻)らが2002年8月~2003年7月に死んだ3239頭を調べたところ、平均寿命は11.9歳で、盲導犬の方が1歳ほど長生きだった。

盲導犬は、訓練後に2歳から働き始め、約10年の活動後、リタイアしボランティア宅などで過ごすのが一般的。
同会の下重貞一さんは “長命” の理由として、 「ワクチン接種やフィラリア予防の投薬がようやく普及してきたペット犬に比べ、盲導犬は仕事の性質上、常に清潔や体調などの健康管理が行き届いているからでは」 と分析している。

「盲導犬訓練施設年次報告書」によると、今年3月末の国内の実働盲導犬数は952頭。

ニュース記事


以前にも「盲導犬訓練士のたまご誕生♪」で盲導犬のことを少し書きましたが、「盲導犬が早死に」とか「ストレス溜まりまくり」なんて思い込みもいいところですね。

なんでそう思うんでしょうか?
もしかして、ご自身が会社などで仕事しているのを投影してそう思っているのでしょうか。
じゃあ、その人にとっては、「仕事 = しんどいこと、イヤだと思いながらやる」なんですね。
でも、盲導犬にとっては、「仕事 = 嬉しいこと、楽しいこと」なんです。

盲導犬の「仕事」は、もちろん眼が見えない主人が安全に道を歩けるように誘導することです。
我々人間が会社に行ってする「仕事」とは違って、「あー、イヤだなぁー」、「めんどくさいなー」なんて思って、イヤイヤながら仕事をしているわけではないようです。

犬は見た目で感情が分かりますよね。
嬉しいとか、楽しい時は尻尾をブンブン振って、嬉しそうな顔をします。
逆にいやな時は、尻尾は丸めて足の間にしまって、顔もうなだれてしまいます。

以前、何度か盲導犬が主人をつれて歩いているのを見た限りでは、しっぽをブンブン振って、「主人と一緒に歩くのが嬉しいな♪」 という感じで誇りを持って歩いていました。

だから、街で盲導犬を見かけても、お仕事を邪魔したりとか、これ見よがしに「可哀想にね」なんて言わないでくださいね。
でも、盲導犬だからって、主人が知らない道は案内できません。 主人の頭の中の地図が頼りなのです。
もし、困っていそうな感じがしたら、↓こちらを参考にして誘導してくださいね。
http://www.moudouken.net/guide/04.html

↓日本盲導犬協会
http://www.moudouken.net/index.html

↓よろしければクリックお願いします。励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング











 ハッピー!第1巻 文庫 (盲導犬ハッピーがやってきた)
ハッピー!第1巻 文庫 (盲導犬ハッピーがやってきたの巻)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年07月25日 14:03
>仕事 = 嬉しいこと、楽しいこと

そうかもしれませんね。

ご主人のそばにいつもいられて、ご主人

を肌身で感じているわけだから、一緒に

いられてうれしいのかもしれませんね

下田では、盲導犬ってみた事がありません。

ご夫婦でどちらかが悪くてご夫婦いつもよりそって歩いている人はいますけど(笑)
2006年07月25日 18:04
みさ♪さん
まだまだ盲導犬の数が足りないので、あまり見かける機会はないですよね。
もっとたくさん見かけるようになれば、変な誤解も解けると思います。 (^.^)/

この記事へのトラックバック