「スパム送信国ワースト12」が発表された

画像
ソフォス(アラン・ブロデリック社長)は7月25日、2006年第2四半期(4~6月)の「スパム送信国ワースト12」を発表した。

順位はこちら
ワースト順位国名送信比率(%)
1位アメリカ23.2%
2位中国(香港を含む)20.0%
3位韓国7.5%
4位フランス5.2%
5位スペイン4.8%
6位ポーランド3.6%
7位ブラジル3.1%
8位イタリア3.0%
9位ドイツ2.5%
10位イギリス1.8%
11位台湾1.7%
12位日本1.6%


アメリカのスパム送信比率は、過去2年間で初めて、前期より改善されなかった。
中国と韓国は、2006年第1四半期からスパムを減少させるための管理強化を開始したが、ワースト1位のアメリカに僅差で迫っている。
イタリアは今回新たにランクイン。
日本から発信されるスパムの数は減少し、12位に順位を下げ、世界での送信比率も1.6%まで落ちた。

地域別のスパム送信のランキング
ワースト順位地域送信比率(%)
1位アジア40.2%
2位ヨーロッパ27.1%
3位北米25.7%
4位南米5.5%
5位オーストラリア0.7%
6位アフリカ0.7%


アジア地域でも引き続き増加しているが、ヨーロッパでの送信量が拡大し、アメリカに代わる大量スパム送信地区となった。

その他の注目される動向として、ワースト12か国には含まれていないロシアからの送信が顕在化していることを指摘。
ロシアのスパマーが大規模なゾンビPCネットワークを構築し、スパム送付に対する価格表まで配布してスパム送信を請け負っているという。

スパム送信手法としては、コンテンツを画像データに含むスパムが35.9%にまで増加していることを挙げた。
株価情報を流して株価を操作し、短期間で不正に利益を得ようとする「ポンプ&ダンプ詐欺」も15%にまで増加した。

ソフォスでは、ゾンビネットワークの一部になる危険性を回避・削減するため、ウイルス対策ソフトを最新に保つこと、ファイアウォールをインストールすること、最新のセキュリティパッチを適用することを奨励している。

ニュース記事


ヽ(゜ロ゜;)ノ \(°o°;)/ ウヒャー!
日本が12位にランクインしているとは・・・。 イヤハヤ・・・ (;^_^A
実際、自分が受け取るメールの半数がスパムだもんね。
いや、半数より多いかも。。。

最近は、フィルターを潜り抜けてくる優秀(?)なスパムメールが増えてきている。
どうにかならんものかね。 
スパムなんかなくなれ!!
( -o-)/☆ビシッ!(#ToT)!バキッ○=(-_-;もいっちょ


↓よろしければクリックお願いします。励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年07月27日 13:59
外国からのスパム確かに多いよね。
怖いのでほとんど見ずに消していますけど、翻訳ソフトでしらべたら、バイアグラの販売だった・・・(笑)私には関係ないわい(笑)
2006年07月27日 15:35
みさ♪さん
バイアグラを売られそうになるなんて、すごいですね(笑)
あれは、心臓に負担がかかるっていう話なので、ご使用はほどほどにね。(笑)

この記事へのトラックバック