Google SketchUpでスタートレックの世界を再現

宇宙艦隊司令部に帰還しようとするU.S.S.ヴォイジャー
Googleの3Dモデリングソフトを使った3D作品の展示が、スタートレックのファンコンベンション「Creation's Official Star Trek Convention」で展示される。

スタートレックのファンコンベンション「Creation's Official Star Trek Convention」が、8月17日からラスベガスで開催される。

そこでGoogleは、スタートレックに登場する宇宙船U.S.S.エンタープライズやバード・オブ・プレイなどを題材にした3Dモデリングコンテストの作品展示を行う。

今年で5回目を迎えるこの集会では、一般から応募された3D作品をGoogleのブースで展示する。作品は、同社が無料公開している3DモデリングソフトGoogle SketchUpやGoogle Earth、Google Mapsなどを使えば、自由に、簡単に作成できるという。

例えば、「サンフランシスコに設定されている宇宙艦隊司令部に帰還しようとするボイジャー」といった名シーンをGoogle EarthとGoogle SketchUpの組み合わせで再現することも可能だ。

3D作品の応募締め切りは8月13日。サンプル3DやGoogle SketchUpのダウンロードについての情報は、Webサイトで見ることができる。

ニュース記事
↓ダウンロード先
http://services.google.com/marketing/links/trekfan2006/



このイラストの手前の長方形のが「宇宙艦隊司令部」で、その向こうの金門橋の上にあるのが「U.S.S.ヴォイジャー」だろうと思う。

だけど、何となく形が違って見えるんだけど、気のせいかな。 (;^_^A



↓よろしければクリックお願いします。励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック