男性が失神するほどの映画

映画 「ハード・キャンディ」
男性が失神するほどのサスペンス映画が、この夏に公開される。

日本の援助交際やオヤジ狩りにヒントを得た米映画 「ハード・キャンディ」 (デイビッド・スレイド監督、8月5日公開) の衝撃的な内容が話題になり、試写会で男性の失神者まで出たことが26日、分かった。

同作は14歳少女と32歳男性が出会い系サイトで接点ができるところから始まる。
巧妙に自宅に少女を誘い込んだはずが、気付くとベッドに縛り付けられ、服を脱がされ、股間には氷袋が置かれている。そして次の少女の言葉は「切る前に消毒しなくちゃ…」。

「性器切り取り」 を描いた衝撃は、失神者を出したほど。
本紙記者(39歳、3児の父)は 「見ている間、ずっと股間を押さえていた」 と振り返った。
昨年の米サンダンス映画祭でも絶賛され、完成度は高い。

密室でかわされる2人の心理ゲームが同時に、観客にも仕掛けられている形。
男性は心して見た方がよさそうだ。

ニュース記事

↓「ハード・キャンディ」公式サイト
http://www.hardcandy.jp/
↓予告編
http://www.oricon.co.jp/cinema/trailer/d/84/


男性が失神するほどの恐怖・・・。  ( > < ;)//

すさまじいものがありそうだ。 
普通 「失神」 というのは、女性の専売特許みたいなものなんだけどね。 (;^_^A

この恐怖に耐えて、映画を落ち着いて見ることが出来る、男性はどれほどいるんだろうか?
惜しむらくは、上映館が少なそうだ。ということ。

この映画を見れば、普段、女性がどんな恐怖に耐えているか、分かるだろうと思う。

レイプ犯なんぞは、この映画みたいに「悪さするトコなんぞ、○っちゃえ」 と思うけど、どうでしょうかね。 (;^_^A


この記事へのコメント

みさ♪
2006年08月03日 11:39
バック花火になったね♪きれい♪

昔の阿部さだ事件のようですね。

読んでいて、かなりショッキングです

ね。心理描写の映画では、身にせまる

ものもあって、失神したんじゃないか

な。男性は怖いかもね(笑)
2006年08月03日 15:33
日本には似たような実話があったんですよね。
すごいわぁ・・・。 (;^_^A
少し気の弱い人だったら、失神しちゃうかもね。
女性って結構、怖いんですよ。
世の男性方、気をつけましょうね♪ (^○^)/

この記事へのトラックバック