飲酒運転で「免職は死刑に等しい」と静岡県知事

画像
静岡県の石川嘉延(いしかわ よしのぶ)知事は25日の定例会見で、飲酒運転の公務員の免職処分について 「日本の雇用慣行からすると、免職はその人の職業生活上、死刑判決に等しい」 と述べ、画一的な厳罰化の動きに疑問を示した。
この発言に、県議会の一部は批判を強めている。

知事は定例記者会見で 「刑法でも罪状と結果に相応した罰則を科すのが原則だ。 オートマチックに免職とするのはいかがなものか」 と説明した。

静岡県は昨年6月から酒気帯び運転で摘発された場合の処分規定を強化し、免職か停職か減給処分にするとした新たな基準を適用。
7月に職員が酒気帯び運転で検挙された際は停職2ヶ月とした。

静岡県内では静岡市など複数の自治体が今月に入って 「原則免職」 といった厳しい方針を打ち出していた。

ニュース記事1
ニュース記事2


いま、毎日のように飲酒運転で、「轢き逃げ」やら「何人撥ねた」とかニュースになっているっていうのに、この言い方だと、「酒の上のことは水に流そうや」と聞こえる。

自動車というのは確かに便利な道具で、お酒も楽しく呑めばいいものだ。
だけど、一歩使い方を間違えると、とんでもない凶器に変身する。
「お酒を飲んで自動車を運転する」のは、間違いなく凶器だ。

それを「自分は大丈夫」とか、「酔っていないから平気」というのは、いわば包丁を振り回しながら、または銃を乱射しながら街を歩いているのに、「人に当たっていないから大丈夫だ」と言っているのと同じことだと思う。

自分的には、「運転免許証永久剥奪」で、公務員だろうが民間の会社員だろうが即刻「懲戒免職」にすればいいと思っている。

まぁ確かに、この考えは厳しすぎかもしれないけど、それくらい厳しくしないと飲酒運転はなくならないんじゃないのかな。

それでも飲酒運転するような人は、人間を辞めたほうがいいかもしれないね。


↓こちらをポチッとしても飲酒運転にはなりませんのでご安心を♪
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年09月26日 20:31
お久しぶりです♪
やっと見にこられました。
すこしづつでも、ブログは続けたいので
また、見に来てくださいね♪


2006年09月26日 21:13
みさ♪りん
お久しぶり♪ ヽ(^o^)丿
はい♪ 
また、おじゃましますね♪ p(*^-^*)q

この記事へのトラックバック

  • 静岡県知事の緩い認識

    Excerpt: 25日エキサイトニュース・毎日配信が、静岡県知事の冗談(だと不肖は思いたい)のような発言を報じている。折角と言うよりも極めて稀有な発言と思うので備忘録として引用しておきたい(以下文中の太字・下線は筆者.. Weblog: 時評親爺 racked: 2006-09-26 23:14