肛門に携帯を隠して、刑務所から犯罪を指示

囚人の一人のレントゲン写真
お食事中の方、ごめんなさい。 
お食事が終わってから、ご覧になったほうが良いと思います。
m(__)m

エルサルバドル中央部サカテコルカにある凶悪犯罪者用のサルバドラン刑務所で5日、4人の囚人の体内から携帯電話が発見された。

暴力団から恐喝されていた会社経営者らからの苦情が出ていたため、警察が国中の刑務所を調査。

同刑務所で不審に思った職員が囚人の体をレントゲン撮影したところ、今回の発覚に至った。
同刑務所のホアン・ラモン・アレベーロ所長は6日、受刑者らはビニール袋に入れた携帯電話を肛門から入れて、体内に隠して持ち込んだと説明。

また、「囚人は跡がつくのを避けるため、それぞれ多くの携帯電話のチップを隠し持っていた」とし、うち、一人は充電器も肛門に隠していたと述べた。

囚人は暴力団「マラ・サルバトルチャ」の組員で、刑務所内から携帯電話を通じて、塀の外の組員に犯罪活動を指示していたとされる。
刑務所内から携帯電話を利用してここまで大規模に、強盗、脅迫、殺人などを指示したケースはエルサルバドルでは初めてだという。

警察では、犯罪撲滅を掲げて1カ月前から捜査を開始し、治安活動を強化していた。

米国の有名なアルカトラズ刑務所をもじって「サカトラズ」と呼ばれているサカテコルカ刑務所は、首都サンサルバドルの東64キロの地点にあり、337人の囚人が収容されている。

ニュース記事1
ニュース記事2


おしりの穴って、そんなに広がるものなの?! ( ゚д゚)
ちょっと、いや、かなーり、オドロキです。 

あ、でも、刑務所の中って、コンセントは各部屋(?)にはないんじゃないかなぁ?
それとも外国の刑務所だから、そういうのは完備しているのかな?

それにしても、お尻から出した携帯は使いたくないなぁ・・・ (;^_^A


↓よろしければクリックお願いします。 励みになりますヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック