介助犬が救おうとした家族たち

介助犬オリーブのきもち  ~わたしの職場は市役所です~
盲導犬や介助犬が、主人やその家族に忠実でとても愛情深いということは、本やテレビなどで見聞きして知っていたけれど、自分の身を挺して家族を守ろうとした介助犬がアメリカにいた。

アメリカ・ウィスコンシン州南東部ラインで15日、足の不自由な女性宅で火事があった際、女性を助けた介助犬が猫を救おうと燃える家に戻ったが、猫ともども助からなかった。

AP通信が火事でやけどをしたジェイミー・ハンソンさん(49)の話として伝えたところによると、飼い猫が居間のテーブルのろうそくを倒して人工植物に引火し、燃え広がった。

交通事故で片脚を失ったハンソンさんは、ソファでテレビを見ていたが、火事に驚いて座っていたソファーから落ち、動けなくなってしまった。
義足を置いたテーブルには距離があり、火は迫り来る。
すると、その危機を察知した介助犬のジェシー(メス・13歳)が、ハンソンさんに義足と電話を持ってきたのである。

しかし、義足は熱を持ってしまって装着できない。
ハンソンさんはジェシーに伴われて外に逃げ、緊急電話をかけた。
その時、2階でろうそくを倒したのとは別の飼い猫の鳴き声がした。
ジェシーは助けに家に入った。
そしてジェシーも猫も、出てこなかった。

UPI通信によると、ハンソンさんは病院で「(ジェシーを)つかもうとする前に、もう2階に駆け上がっていた。何度も何度も叫んだが、鼻を鳴らすのが聞こえ、それっきりだった」と話した。

ニュース記事1
ニュース記事2


とても勇敢な犬だね! (ノ°ο°)ノ
これが人間だったら、この女性だけを助けて猫はそのままだっただろうと思う。
多分、助けに戻りはしなかっただろうな。
どんなに大切だとしても・・・。

多分、ジェシー(介助犬)にとっては、主人の女性と同じように、この猫たちも大切な家族だったんだろうね。

今はただジェシーや猫たちが安らかに眠ってくれるよう、心より冥福を祈ります。 
m(゜゜)アーメン


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年10月21日 12:27
良いお話ですね。(ノ┏Д┓・、) ウゥ・・・

本当に大切とおもっていても人間には、出来ない事ですね。

ただただ冥福をいのります。( -」)φ~~
2006年10月21日 17:33
この女性は大切な家族を喪ったのですが、1日でも早くショックから立ち直って欲しいですね。
ジェシーもそう望んでいるんじゃないかな。

この記事へのトラックバック