ロスの大気汚染の原因はハリウッド映画?

スモッグに覆われたロサンゼルス
アメリカのロサンゼルスにスモッグがかかるのは、ハリウッドの映画やドラマが原因?

アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の環境研究所
はこのほど、ハリウッドの映画・テレビスタジオが毎年14万トンもの汚染物質を空気中に放出しており、これがロサンゼルス上空のスモッグの一因になっているとの研究結果を明らかにした。

同研究所が問題視するのは映画やテレビ番組の撮影用セットで使用されるトラック、発電機、特殊効果用の爆発で、これらから放出されるディーゼル排気ガスやオゾンはすべてスモッグの原因になるとしている。

同研究所の関係者は、一部の映画会社やプロダクションは環境対策を講じており、2004年のヒット作「デイ・アフター・トゥモロー」では使用した車両の環境汚染対策として20万ドル(約2350万円)を充当、「マトリックス」シリーズの製作陣は撮影用セットに使われた資材の97%以上をリサイクルに当てたと称賛したものの、業界全体ではさらに努力が必要と指摘した。

これに対して業界側は、この研究結果が、年間約290億ドル(約3兆4000億円)をかせぎ、約25万2000人を雇用する映画・テレビ産業への圧力に使われることを懸念。

またあるエコノミストは、規制が強化されるようなら、カリフォルニア州から映画・テレビのスタジオが逃避してしまうと警告した。

ニュース記事1
ニュース記事2


ホントかなぁ??(゜_。)??(。_゜)??
そりゃあ、映画やドラマではしょっちゅうドンパチやってるし、アクションものだと特に派手だよね。

まあ、それで迫力があって素晴らしい作品が出来るんだけど、その一時的な楽しみと引き換えに環境汚染しているとしたら大問題だ。

日本でも、ひと頃光化学ズモッグがよく発生していたけど、これは自動車や飛行機の排気ガス、工場の排煙などが原因だったんじゃなかったっけ。

ロスも東京に負けず劣らず自動車が多いし、自動車の排気ガスもかなりのパーセンテージになるんじゃないのかな。

ってことは、映画のドンパチを取り止めて、自動車もクリーンな電気自動車だけにすればOKかな。

自動車は仕方ないにしても、映画でドンパチがないアクションはとーってもつまらなそう。 Σ(´Д`;)


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年11月18日 14:27
ロスの大気汚染の原因はハリウッド映画だなんて、断定していいのかなーと思うけど。でも、原因はなんであれ、みんなで、大気汚染の事を真剣にかんがえなければならない、時期にきていますね。遅いくらいだけどね。
2006年11月18日 17:51
みさ♪りん 
アメリカって、ウシのげっぷが温暖化の原因だとか、時々妙なことを言い出すよね。(´-ω-`;)ゞポリポリ

この記事へのトラックバック