医療事故が起きたらすぐに知らせましょう

患者側弁護士と家族のための医療事故訴訟
医療事故が起きた時、医師らが患者や家族にどう対応するかをまとめた米国のマニュアルを日本の医師や患者支援団体メンバーらが25日までに翻訳、ホームページで公開した。

事実をすぐに患者側に伝え、ミスは謝罪するという “当たり前の対応” だが、訴訟を恐れてできないことが多い。
マニュアルは 「逆に訴訟を減らせる」 と紹介しており、日本でも参考になりそうだ。

マニュアルはハーバード大学関連16病院が使っているもので、同大公衆衛生大学院のルシアン・リープ教授が中心となり、医師や弁護士、患者らの声を加えて今年3月、正式に発刊された。

埴岡健一東京大学特任助教授の呼びかけで、大学病院などの医師や医療安全管理者、患者支援団体のメンバーらが翻訳に協力した。

マニュアルは 「これまで、損害賠償への恐れと悪い知らせを伝達する難しさ、因果関係と責任の混同があった」 と指摘。

医療事故が起きた時は 「通常は24時間以内に患者に伝えなければならない。早く知らせることが信頼を維持するために最も重要」 とした。

「隠さない、逃げない、ごまかさない」を原則とし、「患者や家族にきちんと説明し、きっちり謝罪する」方法が示されている。

翻訳に参加した東大医学部付属病院の内科医、渡辺清高さんは「事故を起こした医師のケアやサポートなども書かれている。日本でも医療現場に広がってくれれば」と話している。

ニュース記事1
ニュース記事2

↓医療事故:真実究明・謝罪普及プロジェクト
http://www.stop-medical-accident.net/index.html
HTMLでの文書とPDFになった文書があります。
内容はまったく同じですが、自分的にはPDFになっていたほうが読みやすかったです。
↓PDFを読み込むための Adobe Reader をお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。(無償)
http://www.adobe.com/jp/products/reader/


日本でも医療過誤訴訟が結構あるけど、医師・病院側と患者側の関係がこじれまくっているのがその一因だと思う。

訴訟ざたになった病院のインタビューを見ていると、最初に「ごめんなさい」と言っていれば、そこまでこじれることはなかっただろうに、というケースが結構ある。

どうしてこじれるのか。
それは、医療過誤が判った段階で、医師・病院側がその情報を患者側に言わないのが第1の要因じゃないのかな。
ということは、このマニュアルに従えば、少なくともこじれる要因の大半は取り除けるということ。
それでも納得のいかない患者側が訴えるのは、誰にも止められないけどね。


裁判になった病院を見ていると、医療過誤が起きた時、それを隠そうとしてカルテを書き換えたり、病院全体で口裏を合わせたりしている。
そんなことをするから余計にこじれるし、患者側の不信感を買う。
だから、裁判になる。

医師も人間で、間違いをすることがあるんだから、医師・病院側、患者側もそれを認めるのが、お互いの信頼関係を築く第1歩なんじゃないのかな。
そりゃあ、ミスをしないのが1番いいに決まっているけどね。

例えば、薬の投薬量を間違えて患者が重篤(じゅうとく)な状態になったりしたら、患者側に素直に伝えるのが、誠意を見せる第1歩。
その後で、なぜ、どうしてという原因を究明し、2度と起きないように改善していく。

このマニュアルが広まって、すべての病院で使ってくれれば良いと思う。
そうすれば、逆に訴訟が減るんじゃないのかな。


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2006年11月28日 13:31
医療ミスで訴訟も、アメリカ並になってきていますね。みんながかしこくなったせいもあるでしょうけど。訴訟金額も外国並にけた外れの額になって、医者になる人が少なくなってくるかも。実際、産婦人科の医者は訴訟が多くて、なり手が減っているらしいですね。ちゃんと生まれてくるのは、当たり前で、なにかあった時はすぐに訴えられるらしいです。
2006年11月28日 18:20
みさ♪りん 
そそ。本来はお産って危険がつき物なのにね。
ウチの近所の産婦人科も産科を扱わなくなっちゃったから、遠くまでいかないと産めなくなっちゃった。
390X
2006年11月28日 18:27
日本は隠蔽体質だもんね(-_-;)

ミスが起こったら隠さず、責任を全うしてほしいなあ。
2006年11月28日 18:48
390Xさん 
そそ。何ごとも隠しちゃいかんよね。
このマニュアルが必読書になればいいのにね♪
KK
2006年11月29日 11:21
医療過誤と、医師や看護師に過失がない場合とを見分けるのが大事ですね。ずさんな医療の蔓延によるミスの多発という事態、あるいは訴訟を嫌って良心的な医師や看護師までもが減少して医療を受ける機会が減少する事態のどちらも防ぎたいものです。そういう点で医療の質を守るために情報開示が有益かなと思います。
2006年11月29日 18:02
KKさん 
病院内部では「ヒヤリハット報告」があるようですが、これは、もう少しで事故になるところだったという報告です。
この「ヒヤリハット報告」をさらに発展させたものと考えれば良いかもしれませんね。

この記事へのトラックバック