「宇宙戦艦ヤマト」の精巧なプラモデルが発売される

「宇宙戦艦ヤマト」の特大プラモデル

今日は、先ほどクロネコヤマト宅配便に関する記事をUPしたんですが、ヤマトつながりで、こちらは宇宙を旅する「ヤマト」です。

バンダイは12月4日、1970年代の人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の主役艦を忠実に再現した350分の1のサイズのプラモデルを来年2007年1月27日に発売すると発表した。

少年時代にアニメに親しんだ40代前後の男性を主要なターゲットにする。

全長766ミリで、重さは約2キロ(スタンド含む)。
付属の波動砲発射トリガー型リモコンで、主砲、副砲、機銃を上下左右に動かせるほか、波動砲や波動エンジンを効果音付きで制御できる。
沖田十三艦長ら乗組員も5ミリサイズで再現した。

同社がヤマトのプラモデルを発売するのは約20年ぶり。
40~50代から、退職を迎える団塊の世代までをターゲットに、2008年3月末までに2万個を販売する計画だ。

部品は500点強で、組み立てには10時間程度かかるという。
希望小売価格は4万7250円。

ニュース記事

↓バンダイの「宇宙戦艦ヤマト」のページ
http://bandai-hobby.net/yamato/


宇宙戦艦ヤマトって、かなーり久しぶりの話題だ。
確か、今年の夏に新たに映画が公開されるっていう、うわさも流れたけど、結局うわさだけに終わっちゃったし。
↓その時のニュース記事
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2519671/detail


子どもの頃は、毎週テレビの前で釘付けになって見てたよ♪ ヽ(^o^)丿
でもって、一生懸命お小遣いをためて、プラモデルを買ったりして。

当時作ったプラモデルは、まだ探せばどこかにあると思うけど、すっかりホコリをかぶってるんだろうなぁ。(´-ω-`;)ゞポリポリ

最近、「銀河鉄道999」の一文が盗作されたという問題で、話題を呼んでしまった松本零士ですが、問題の部分は確かに異常に似すぎています。
↓槇原敬之VS松本零士 「盗作」騒動泥仕合
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2695986/detail

問題のフレーズ
松本零士さんの文
  『時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない』
槇原敬之さんの詩
  『夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない』

自分はどっちかというと、このさりげないフレーズを20年以上前に世に出した、松本氏のほうに軍配をあげたいですね。

昔買ったプラモデルでは、こんなに精巧じゃなかったから、子どもでも何とか作れたけど、これは当時ヤマトに夢中になった大人向けだね。

自分は手がぶきっちょなんで、綺麗に組み立てられるかどうか、自信がないなぁ。 ヾ(°∇°*) オイオイ

↓ご注文はこちらから
「宇宙戦艦ヤマト」の特大プラモデル
「宇宙戦艦ヤマト」の特大プラモデル

↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

この記事へのコメント

390X
2006年12月05日 17:56
さらばーーー地球よ
たびだーーーつ船は

今でもそらで覚えています。

高校卒業式のときに教師全員が合唱、この歌で送り出してくれました(*≧▽≦)σ
2006年12月05日 18:35
390Xさん 
すごい!卒業式での歌ってくれたていうのは、感動もひとしおですね♪ ヽ(^o^)丿

そういえば、自分も、文化祭でクラス発表の時に、クラス全員で主題歌を合奏したこともありましたよ♪

この記事へのトラックバック