名前が理由で市民権を得られない女性

イホコ先生の音韻姓名判断
“ダーリン”という名前が原因で、一人のコロンビア出身の女性がスペインの市民権を得られないでいるという。

数年前からスペインの市民権獲得を待ち続けていたダーリン・ベレズさん(33)は、数ヶ月前にやっと申込書が受理され、夢が叶うと思っていた。

ところが当局から「その名前では市民権を与えられない」との連絡があり、大変ショックを受けたという。

その理由は、現在のスペインの法律で「人にからかわれる可能性がある名前、性別がはっきり分からない名前」は不可とされているから、というもの。

名前が登録(承認)されない限り、ベレズさんはスペインの市民にはなれない。

当局はこのため、ベレズさんに聖人の名前に変更してはどうかと提案。
しかしベレズさんは“ダーリン”のまま名前を変えるつもりはないという。

「私の名前は、私の個性の一部なのです。変更を強制するなら、バスク語の名前にして当局がどう判断するか見てみたい」とベレズさんはコメント。

バスク語の名前は、かつてスペインがフランシスコ・フランコ将軍の独裁時代にあったころ、長年に渡って使用禁止とされていたもの。
しかし現在では一般的に使用されているという。

ニュース記事

アメリカのドラマの、「奥さまは魔女」に出てくる夫は、ダーリン・スティーブンスだったけど、この人は女性なのに男っぽい名前だから、変えろって言われているのかな。

たとえ、どんな名前でも認めるべきだと思うんだけど。
長年親しんできた名前なんだから、すでにその人の個性の一つになってるはず。
それを変えたら、その人らしさが半減するんじゃないかな。


自分の本名は男でも女でも使える名前なんだけど、子どもの頃はもうちょっと違う名前が良かったなーって思ったことがある。
自分の性がゴチャゴチャと込み入った漢字で、名は画数が少なくて返って書きにくいんです。
バランスも取りにくいし。 
いまだに、自分の名前が綺麗に書けたためしがありません。 (´-ω-`;)ゞポリポリ

でもまあ、今はそれも自分の個性の一つなんだと受け入れてますけどね。

それを突然、変えろなんて言われたら困る。。。 
あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ひろ
2007年01月21日 08:28
日本でも「悪魔」君という命名が拒否されたことがありましたね

自分でつけられるならいいんですけど・・・
デーモン小暮閣下も納得されてつけられたんでしょう(´-`)
390X
2007年01月21日 09:44
あ~、ひろさんに先を越されてしまいましたね(笑)

何か、その後、「悪魔」くんのご家庭もいろいろゴタゴタあったようです(詳細は忘れた^_^;
2007年01月21日 14:15
ひろさん 
悪魔くんは結局「亜駆」と命名されて、現在14歳。 将来はサッカー選手になりたいそうです。

日本でも、江戸時代くらいまでは自分で名前を変えられたけど、今は裁判所に申立てて認められないと無理なようです。
2007年01月21日 14:24
390Xさん 
悪魔くんの両親は離婚してお父さんに引き取られたようですが、その後お父さんは覚せい剤で刑務所に入って、現在は出所しているようですが、経済的事情で現在も養護施設で生活しているようです。

この記事へのトラックバック

  • ダーリンvvのどこが悪いっちゃ!!

    Excerpt: 名前が原因でスペインの市民権を得られず困惑してるコロンビア人女性がいるそうだ。 彼女の名前は・・・・・・ダーリンvv、決して旦那さまの名前ではない/古っっ!! 数年前からスペインの市民権獲得を待ち.. Weblog: アレコレ言ってみる racked: 2007-01-22 11:40
  • お願い、ダーリン。

    Excerpt: ダーリンはダメ! 名前が理由で市民権を得られない女性“ダーリン”という名前が原因で、一人のコロンビア出身の女性がスペインの市民権を得られないでいるという。全文はココねだめって言われてもね、困惑しちゃい.. Weblog: ちょっと楽しむレシピ racked: 2007-01-23 21:21