今年は日本ではイノシシ年ですが

ブタの貯金箱
朝日新聞の1月6日の土曜版のコラムに、今年の干支(えと)にちなんだ記事が出ていました。
今年はイノシシ年ですが、実は世界的に見れば違うようなのです。 

今年はイノシシ年。
みんなそう思っているが、これは日本だけの話。
国際的にはブタ年である。

事実、中国・韓国・香港とも、今年のカレンダーはブタの絵だらけ。
「亥・猪」は、日本ではイノシシと読ませるが、中国ではブタである。
「西遊記」の猪八戒(ちょ はっかい)がイノシシではなく、ブタなのを見れば納得がいく。

なぜ、日本だけブタ年ではなくイノシシ年なのか。
答えは簡単。
「干支(えと)」を輸入した島国日本が、大陸と違ってブタを飼っていなかったから。
ブタは野生イノシシを家畜化したもの。
日本では、弥生時代に北九州を中心に、一時ブタを飼ったことがあるが、この弥生養豚はすぐにすたれた。

森林豊かな島国では、ブタを飼うより、山で野生のイノシシを狩ったほうが手っ取り早い。
やがて仏教も伝来した。
肉食が嫌われ、日本にはブタがいなくなった。
そこに干支が入ってきて、「亥(ぶた)」をイノシシということにしてしまった。
でも、これは例外。
画像
グローバル・スタンダード(国際基準)でいえば、亥年生まれは「ブタ年の男、ブタ年の女」である。

「そんなのは嫌だ」という今年の年男・年女の方に朗報がある。
干支の本場・中国大陸では、ブタは金運の象徴で、ブタ年生まれの男女は金運に恵まれるとされる。

なんと、韓国では、我が子を黄金のブタ年生まれにするため、今年は出産ラッシュになると聞いた。
(茨城大助教授・磯田道史)


ホントは該当記事にリンクするんですが、この記事のコーナーは新聞紙面だけでした。
なので、新聞紙面をこちらにUPして見ました。
クリックすると拡大します。

へー、今年はイノシシ年じゃなくてブタ年なんですか。 (*'(OO)'*)ブヒ
まぁ、ブタはイノシシを家畜化して出来た動物だから、イノシシのほうが先祖なんだよね。
だから、どっちでも良いような気もするけどな。

でも、ブタ年(イノシシ年)生まれの人は金運に恵まれるのか。
いいなぁ~♪

自分はネコ年生まれなんで、ちと残念です。 (´-ω-`;)ゞポリポリ


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

390X
2007年01月07日 05:47
私が金運に恵まれていなかったのは辰年だったからかぁ(笑)
2007年01月07日 06:06
390Xさん 
上の写真のブタの貯金箱ちゃんと仲良くすれば金運UPかもよ♪ ☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ
ひろ
2007年01月07日 08:56
きっと豚年だと干支を言いたくない人も増えるでしょうね(笑
2007年01月07日 14:47
ひろさん 
うら若い女性が「ブタ年です」っていうのは、抵抗あるかもね(;^_^A
でも金運に恵まれるそうだから、いいかもよ♪ (^_-)-☆
390X
2007年01月07日 17:00
上のかわいいかわいいブタちゃんは猫さんの分身?と思ってました(*≧▽≦)σ

ぜひ仲良くしたいです(⌒‐⌒)
2007年01月07日 17:07
390Xさん 
実はこの数日、おせちを食べ過ぎてブタになっちゃいました (^(●●)^)ぶひ♪

この記事へのトラックバック