映画「ダ・ヴィンチ・コード」の続編決定

天使と悪魔
全世界で5000万部のベストセラーを映像化し、こちらも世界的大ヒットになった映画「ダ・ヴィンチ・コード」(ロン・ハワード監督)の“続編”が、来年12月に世界公開されることが決まった。

昨年の日本公開では興行収入90.5億円の大ヒット。

原作者のダン・ブラウン氏が「ダ・ヴィンチ・コード」の前に発表した「天使と悪魔」で、主人公は「ダ・ヴィンチ・コード」と同じ宗教象徴学を専門にする米ハーバード大教授ロバート・ラングトン。
バチカン市国を舞台に、キリスト教と科学技術の対立を描くサスペンス。

メガホンは再びハワード監督が執り、ラングトン教授には「ダ・ヴィンチ・コード」同様、トム・ハンクス(50)の再登板が内定している。

ニュース記事


昨年の「タヴィンチ・コード」は、DVDで見たけど面白かったよ♪ヽ(^o^)丿
原作が小説や漫画の場合、それを映画化すると、原作にあった面白みが消えちゃってることがよくあるんだけど、「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」といい、この「ダ・ヴィンチ・コード」といい、原作の世界観やハラハラドキドキ感をそのまま、みごとに映像化してしている。

原作の“ラングトン教授”シリーズにとっては、「ダ・ヴィンチ・コード」は2作目で次回映画化される「天使と悪魔」は1作目。
映画と原作では順番が入れ替わっている。

「天使と悪魔」も読んだけど、映画版でどんな風に表現されるか、楽しみです♪ ((o(^-^)o))ワクワク
この物語では、原始キリスト教も大きく関わってくる。 
(↑ちょっとだけネタバレ) オイ!(。_°☆\(- - ) バシっ!



↓よろしければこちらをポチッとお願いします。
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2007年02月02日 08:08
ダ・ヴィンチ・コードは観ましたけど
短い時間の中に詰め込みすぎて
ついていくのがやっとという感じでした
きっと原作は面白いんだろうなとは思いますが

せっかく壮大なテーマなんですから
無理せず一作に収めず前編・後編に分けたほうがいんじゃないでしょうか?
2007年02月02日 16:54
ひろさん 
なるほど。 確かに前作では詰め込みすぎの感がありましたね。 
前後編にすれば、もっと壮大になって原作を余すところなく表現できる気がするね。
2007年02月02日 19:26
こんばんは。
私もこのニュース読みました☆
続編製作の報はかなり前から流れていましたが、このニュースでは監督と主役が変わらずそのままとの事が決定したとのことだったので、ホッとしました(*^_^*)
私は「ダヴィンチ」は原作読みましたが、「天使と悪魔」はまだ読んでません~でもやっぱり映画化はすごく楽しみなので、近いうちに読んでみるつもりです☆
2007年02月02日 19:41
マキサさん 
「天使と悪魔」もハラハラドキドキしますよ♪ 映画化が楽しみです♪ ヽ(^o^)丿

この記事へのトラックバック