讃岐うどん、ドイツに進出

画像
ドイツ北部ウォルフスブルクの車のテーマパーク内に、うどんとそばの専門店がオープンする。

うどんは 香川県高松市の女性職人が、材料など仕入れのハンディを抱えながらも、手打ちで披露する本場の味だ。
写真は、讃岐うどんを作る横倉千枝さん。

ニュース記事

はじめてのさぬきうどん 讃岐うどん巡り解説

讃岐うどん ウィキペディア(Wikipedia)より

ドイツ・ヴォルフスブルク ウィキペディア(Wikipedia)より


すごい!
うどんがドイツにまで進出するなんて♪ ヽ(^o^)丿

外国での麺類って中国のラーメンとか、イタリアのスパゲッティ(パスタ)くらいしか思いつかないけど、今度はそこにうどんも加わるのかな。

どんなお味なんでしょうか。
確か、讃岐うどんって、結構あっさり目だった気がするんですけど、ドイツ人やヨーロッパの人に受け入れられるんでしょうか。

もし、ドイツに旅行の際には、ぜひ、立ち寄ってみてくださいな♪
(ちなみに、自分は飛行機がダメなので、行けませんが(´-ω-`;)ゞポリポリ )

恐るべきさぬきうどん
恐るべきさぬきうどん

↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2007年04月17日 08:14
日本で食べているうどんに使用されている小麦粉のほとんどはオーストラリア産です
ある意味元々国際的だともいえます

ただ土地の気候風土によって加水率やボーメー度(塩分濃度)が微妙に変わってしまうので
日本と同じ麺を作るというわけにはいかないでしょうね
眠り猫
2007年04月17日 15:58
ひろさん 
小麦粉ってオーストラリア産なんですか。
知らなかったです。
最近は何でも輸入なんですね。Σ(゚∀゚*)
みさ♪
2007年04月17日 16:31
さすがうどん評論家のひろさんです(笑)
で、ドイツに進出して、ドイツ人が食べるのかな?それとも在住の日本人向けなのでしょうかね。
眠り猫
2007年04月17日 16:48
みさ♪りん 
記事を書きながら、ひろさんを思い浮かべてました。(^∇^)
やっぱ、多少はドイツ人好みにするんじゃないでしょうかね。

この記事へのトラックバック