「黄金風呂」盗まれる

画像
とっても高価なお風呂が盗まれたそうです。

5月30日午前9時ごろ、『ゆったり、たっぷり、の~んびり、旅ゆけば~楽しい~♪ ホテル三日月~』という、キャッチーなCMでおなじみの千葉県鴨川市内浦の「小湊ホテル三日月」10階の男性用大浴場から、50キロの18金で作った浴槽(時価1億2000万円相当)がなくなっているのを従業員が気付き110番した。

千葉県警鴨川署は窃盗事件として捜査を始めた。

浴槽は総重量約80キロもあり、複数犯の可能性が高い。
ホテルは盗難を厳戒していたが、犯行グループは警備の手薄な時間を狙い、綿密な計画を立てていたとみられる。

調べによると、浴槽は浴室にあるガラス張りの囲いの中に設置されており、5月30日午前2時ごろにチェックした際は浴槽はあった。
金の浴槽への入浴は午後3時から午後6時までの限定。

利用時間外を狙われたとみられる。
利用者がいない場合は入り口のドアに鎖を巻き付けて南京錠で鍵を掛けていた。
従業員が盗難に気付いた時には鎖が切断されていた。

調べなどによると、非常口と浴槽が置かれていたガラス張りの部屋は数メートルしか離れておらず、非常口は内側から鍵を使わずに開けられる構造だった。
また、部屋を施錠していたステンレス製チェーン(直径約5ミリ)が切断されていた。

同ホテルによると、浴室の近くには非常階段が設置されており、フロントの前を通らずに出入りが可能。
床には浴槽を引きずった跡がなかったという。

従業員の証言などから、浴槽は午前時2~午前9時ごろの間に盗まれたとみられる。
浴槽周辺のタイルに機械を持ち込んで使ったような傷はなく、同署は複数の人間が自力で浴槽を持ち運んだとみており、外階段を利用した不審な人物がいなかったかなどについて調べを進めている。

当日の宿泊客は約300人いたが、犯行グループは警備員にも宿泊客にも従業員にも気付かれることなく、浴室のある最上階から外へ盗み出したようだ。

10階の浴場から外階段を通じて1階まで直接下りることのできる非常口が設置されていたことが千葉県警鴨川署の調べで分かった。

ホテルの出入り口は他に正面玄関しかなく、近くにあるフロントには夜間、従業員2人がいたが、不審人物には気づかなかったと話していることも判明。
非常口を使って浴槽を運び出した可能性があるという。

浴槽は2005年、貴金属販売の田中貴金属ジュエリー(東京)から納入。
内側が縦110センチ、幅60センチ、深さ55センチ。
板状にした金に圧力をかけて成形した。
外側は体重や水圧に耐えられるように格子状のステンレスで覆っているという。

同ホテルには、女性用の同型の浴槽もあり、入浴料は無料。
鶴のブロンズ像や王冠も飾り付けられ、CMなどで「王さま気分が味わえる」と紹介。
導入以来、入浴者は10万人を超え、ホテルの名物となっていた。

2007年3月まではオプションで1050円の料金を払えば、金メッキの王冠をかぶり記念撮影するバブリーなサービスも実施していた。

利用者からは「勝ち組気分を味わえる」と評判だった。
なお黄金風呂の両脇には鶴が2羽鎮座しているが、こちらはブロンズ製のため?盗難は免れている。

宿泊客であれば、誰でもセレブ気分を満喫出来るこの黄金風呂。
当然セキュリティーも万全なはずだった。
人がいない場合は入り口のドアに鎖を巻き付け、南京錠でガッチリと固定。
さらにこのドアを開けた場合は4つの警報装置が作動し、電子音が鳴り響く手はずだった。
しかし・・・。

「犯人のほうが、一枚も二枚も上手だった。参りました」(ホテル従業員)。
その後の捜査で黄金風呂に張り巡らされた警報装置の配線が切断されていたことが判明。
事前に下見をし、床に引きずった跡もないことから複数犯の可能性も浮上している。
浴室近くには非常階段が設置されておりフロントを通らずに出入りが可能だ。

また「お風呂」という場所柄、防犯ビデオを設置することが出来ないという事情もあった。
あたりまえだが利用者は全裸状態。
「もしビデオが外部に漏れたりしたら、エライことですし、プライバシーの問題もありますから」(同)。

ちなみに、この黄金風呂。
これまでの利用者はマナーも良く、傷をつけて“砂金”として持ち帰る不届きな輩(やから)もいなかったという。

ニュース記事1
ニュース記事2
関連記事 (Google)

↓開運の金無垢 「黄金風呂」 (小湊ホテル三日月)
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/onsen/ougon.html


自分はあんまり旅行しないから、こんなお風呂があるホテルなんて知らなかった。

しかしまぁ、誰にも気が付かれることなく、盗み出すなんて、見事な腕前だな。

そりゃあねぇ、お風呂場だけに、防犯カメラをつけるわけにはいかないよね。ヾ(;´▽`A``アセアセ

あ、でも、盗んだ後、どうするんでしょうか。
単純に飾っておくだけならいいけど、これで風呂に入るには風呂釜につながなきゃいけないから、ガス工事の腕前が必要だよね。
なんせ、業者に依頼できないんだから。

あるいは、お風呂をつぶして金の延べ棒にするとかかも。
まぁ、それだって、技術が要るだろうけどね。
そうなったら、見つからないだろうけどね。 (´-ω-`;)ゞポリポリ

あ、まだ、女性用の黄金風呂は無事だそうだから、女性の方はぜひ、黄金風呂を体験してみてはいかがでしょうか♪ ヽ(^o^)丿


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2007年06月01日 08:01
私の黄金の腕も気をつけないと( ̄ー ̄;
眠り猫
2007年06月01日 13:36
ひろさん 
黄金の腕が盗まれたら大変! 
盗まれないように鍵を掛けて金庫にしまっておかないとね。(^▽^)
2007年06月01日 14:50
きょうはblogされた!
ニコラスは、眠り猫が風呂がblogしたいなぁ。
ここへblogしなかった?
みさ♪
2007年06月01日 23:49
ミステリアスな事件でしたね。
入念な下調べをしているに違いない。内部犯行の可能性も捨てがたいし。あれだけの大きいものをそのまま横流ししたら、わかっちゃうし、
どうする気でしょうね。
保険はかけていたのでしょうかね

眠り猫
2007年06月02日 00:14
みさ♪りん 
世紀の大泥棒、アルセーヌ・ルパンか、はたまた石川五右衛門か。
多分、保険は掛けていたと思うけど、この事件でホテルの信用度は下がっちゃうだろうね。

この記事へのトラックバック