ミラノ空港でウサギ狩り

画像
ウサギって、野山にいるものだと思っていましたが、イタリアのミラノでは空港でも見れます。

イタリア・ミラノのリナーテ空港(ミラノ市内から10kmの所にある)で2007年6月17日、滑走路をとびまわる野ウサギのため、3時間にわたって航空機の発着が中断された。

空港の敷地に少なくとも80匹が住みついてしまい、離着陸に悪影響を与える恐れが出たため、捕獲に乗り出した。

職員や警官、ボランティアら総勢200人でウサギを追い立てたが、ウサギは思った以上に足が早かったため捕獲に手間取り、午前中の12便に遅れが出てしまった。

空港職員とボランティアの人々が60匹以上のウサギ (野ウサギ57、穴ウサギ4) を空港内の隔離地帯に追い込んだ。
ウサギたちは近くの自然保護区域に放されるという。

アリタリア航空の職員による激しいストライキで飛行機の発着が休止されることはしばしばあるが、ウサギが理由というのは珍しい。

空港関係者は、駆除作業は完全にうまくいったと述べた。

ミラノの空港を管理する会社SEAの責任者マルコ・アルベルティは、「ウサギたちが地上レーダーの前を通って管制塔に誤報を伝えていたので、こうする必要があった」と説明している。
[ミラノ 2007年6月17日 ロイター]

ニュース記事1
ニュース記事2
動画 (NNN24) (時間が経つと削除される可能性あり)


動画を見てビックリ! w(°o°)w
ウサギって、こんなに速いんだ!

ウサギさんも、捕まっちゃあ大変だっていうんで必死だよね。

網を張り巡らしておかなけりゃ、とってもじゃないけど、人間には捕まえられそうにない。(´-ω-`;)ゞポリポリ

そうすると、ウサギを食べるライオンとかチーターとか肉食の獣は、ウサギよりもさらに速いんだよね。
すごいなぁ!

まぁ、空港なんて大抵、山奥とか辺ぴなところに造るから、こういうこともあるんだろうね。

敷地の周辺には、ちゃんと金網を張ってあるのかな。
だとしたら、もっと頑丈な金網に交換しないと、また入ってくるかもね。
ヾ(;´▽`A``アセアセ


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2007年06月20日 08:24
テレビのニュースで見ました

日本なら流鏑馬でウサギを追えば
風情もありましょうに・・・
眠り猫
2007年06月20日 14:40
ひろさん 
えーっ、殺しちゃあ可哀そうだよ。
あ、殺してもちゃんと食べればいいんだけどね。(^^ゞ
そーいや、ウサギって食べたことない。美味しいのかな f(^^; )

この記事へのトラックバック