「死の天使」は愛らしい猫

画像
アメリカ・ロードアイランド州にあるプロビデンスの養護・リハビリセンターで飼われている2歳の一見、無邪気そうな猫のオスカー君は、医師や職員から「死の使い」と呼ばれている。

オスカー君に「予知」されると、その患者は近いうちに必ず死亡するからだ。

オスカー君は同センターの認知症看護のスタッフによって飼われているが、次に死亡する患者を予知するという。

同センターの老人病専門医デービッド・ドーザ氏が「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」誌で明らかにしたところによると、オスカー君は定期的に患者を「回診」する。

その際、患者をのぞき込んで少し鼻をひくひくさせてにおいをかぎ、そのまま通り過ぎるか、またはその患者のそばで体を丸めて横になる。

オスカー君が体を丸めて横になった患者は必ず亡くなるため、職員は直ちに家族の呼び寄せや牧師の手配を開始するという。

ドーザ氏は、3階でオスカー君がとどまらなかった患者で死んだ者はいないと書いている。

そのために医師や職員がオスカー君に付けた別名は「死の天使」。
ドーザ氏はこのようにして、これまでに25人以上の患者を見送った。

ドーザ氏は、オスカー君にどうしてこのような予知能力があるのかは説明していないが、患者にはまだこのことは知られていないとしている。
【アメリカ・ニューヨーク2007年7月26日 AFP=時事】

ニュース記事


動物には、人間にはない不思議な能力があるといわれているけど、これもその一つかも。

特に猫は、霊的な感覚が鋭いらしい。

時おり、何も見えない空間をじっと見つめていたり、時にはうなってたりするしね(;^_^A

そういう時は、何を見ているのか、とーっても気になります。 ヾ(;´▽`A``アセアセ


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「死の天使」猫の活躍

    Excerpt: 2007年7月に記事にした「死の天使猫」オスカーは、ますます活躍しているようです。 Weblog: つれづれなるままに racked: 2010-02-04 00:12