死亡宣告の男性、解剖中に蘇生

ベネズエラで死亡宣告を受けた男性が、検視解剖による極度の痛みで目を覚まして蘇生するという事件があった。

高速道路で交通事故に遭ったカルロス・カメホさん(33)は、死亡宣告を受けた後に遺体安置所に搬送された。

そこで検視作業が開始されたが、カメホさんの体から出血が始まり、検視官らは間違いに気付いたという。

その後、検視官らは急いで顔の切開部分を縫合しようとした。

カメホさんは、2007年9月14日付のウニベルサル紙で、「耐え難い痛みで目が覚めた」とコメントしている。

今回の件について、病院関係者の確認は今のところ取れていないが、同紙には、カメホさんの顔面の傷跡と検視解剖の手続き文書が掲載された。
[ベネズエラ・カラカス 2007年9月14日 ロイター]

ニュース記事


どひぇ~~~!!!<(°д°;;) >

びっくり! (°°;))。。あたふたあたふた。。・・((; °°)

死亡宣告を受けたってことは、事故の現場では脈が触れなかったんだろうな。

ひょっとしたら、あの世に片足だけ突っ込んだ状態だったのかもね。

まぁ、目が覚めてよかったよ。

でなければ、そのままお墓に入れられるところだよ。

これが、中世の昔だったら、“ゾンビ”って言われたかも? (´-ω-`;)ゞポリポリ

ベネズエラって、火葬かな? それとも土葬かな?

どっちにしても、もし、墓の中で目が覚めたら・・・ 

うぎゃあ~~~・・・

その方がイヤだぁ! (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

それんしても、なんて悪運が強い人だ。

どういう状況での交通事故だか分からないけど、これからは安全運転でお願いします。 <(_"_)>

交通事故の珍事例
交通事故の珍事例


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック