日本を変えたと思う歴代総理は?

昨日、自民党の第22代総裁に福田康夫元官房長官(71)が選出されました。

麻生太郎幹事長(67)も立候補して善戦しましたが、
総投票数:528票
無効票:1票
有効投票:527票
過半数票:264票
福田康夫氏獲得票:330票 (62.6%)
麻生太郎氏獲得票:197票 (37.4%)
という結果でした。

参議院で民主党が第1党になったとはいえ、現時点での与党は自民党なので、自民党総裁となると同時に内閣総理大臣となります。
もちろん、正式には天皇からの任命で、内閣総理大臣となります。

福田氏は新総裁選出を受けて、9月24日に党三役など役員人事を決定。
安倍内閣の総辞職を受けて2007年9月25日に国会で第91代、58人目の首相に指名され、同日中に新内閣を発足させます。


ところで、過去の歴代総理の中で、誰が印象に残っているでしょうか。

こんなランキングを見つけました。


郵政改革やイラクへの自衛隊派遣など、約5年間に様々な政策を打ち出した小泉純一郎首相。

「日本を変えたと思う歴代総理大臣」を調査してみたところ、
『田中角栄』がトップに、
『小泉純一郎』も同じく2位という結果になりました。

小泉首相の「聖域なき構造改革」よりも、「日本列島改造論」のほうがより印象に残ったようです。

1位の『田中角栄』は、
首相就任直前に著した「日本列島改造論」という著書が88万部のベストセラー全国的ヒットに。
そして就任後は本の主張どおり、高速道路や新幹線などをどんどん導入して、地方の工業化や土木産業の成長を後押しし、日本を活性化させました。

3位の『吉田茂』は、
戦後日本を復興へと導いた首相です。
戦後処理と冷戦開始の思惑がからみあう複雑な内外情勢を巧みに舵取りして、サンフランシスコ講和条約までこぎつけた手腕は、外務官僚としての豊富な経験に裏打ちされたものだったかもしれません。

4位の『中曽根康弘』は
国鉄(現JR)、電電公社(現NTT)、専売公社(現JT)を民営化。
小泉首相と同じく、特殊法人の民営化に力を注ぎました。

ランキング上では、師と仰ぐ『福田赳夫』を超え、日本を代表する総理大臣の1人となった小泉首相。

次の総理大臣が、『田中角栄』、『小泉純一郎』を超えられるのか、ぜひ注目したいものです。
集計期間:2006年8月21日~2006年8月23日

ランキング記事

歴代内閣総理大臣の一覧 (ウィキペディア)

安倍晋三(あべ・しんぞう)総理が、国会の所信表明を述べた後に敵前逃亡の形で辞職宣言後、国会討論もそっちのけでの選挙となりました。

確かに、年金問題、イラク戦争に後方支援している自衛隊をどうするか、などなど国内外の問題が山積しています。

これらは、“ あちらを立てればこちらが立たず ”となって、どう転んでも解決が難しそうです。

それらをどう纏め上げるのでしょうか。

自分としては、田中角栄や吉田茂のようなカリスマ性のある人物が、今の時代には必要だと思うのですが。

14位にランクした『福田赳夫』は、自民党新総裁の福田康夫の父親になります。

果たして、息子は父親を超えられるでしょうか。

NHK「その時歴史が動いた」 ~時代のリーダーたち編~
NHK「その時歴史が動いた」 ~時代のリーダーたち編~


追記:
この記事のトップ画像、ブログタイトルの下にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
今日のお宝は「銅」ですね。
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2007年10月18日までです。
お早めにどうぞ♪ ヽ(^o^)丿

↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2007年09月24日 08:08
宇野宗佑ぇ~~(;´Д`A ```

ひときわ印象深い総理大臣でしたが・・・
ダメ?
眠り猫
2007年09月24日 16:12
宇野宗佑? 
すみません覚えてないです。(´-ω-`;)ゞ
総理でいた期間が69日で、史上4番目に短い人だったようですね。

この記事へのトラックバック