キッスにご用心

♪甘いくちづけ はずむ心♪とは、いかなかったようです。

交際相手の浮気を疑い、キスの際に殺そ剤を飲ませて死亡させた中国人の女が、死刑判決を受けた。
2007年9月27日付のシャンハイ・デーリー紙が伝えた。

同紙によると、河南省出身のこの女は、長い間交際していた男性に殺そ剤を入れたカプセルを口移しし、それを飲み込んだ男性はその後死亡した。

カップルは「浮気をした方は死ななければならない」ことにしていたといい、
女は、2007年1月8日、男性がほかの女性と楽しそうに「話をしていた」ため、約束を破ったと考えたという。

その翌日、女性は約束を実行しようと、ネズミを駆除する殺そ剤を、用意したカプセルに混入した。
そして、
女「乾杯しましょう?」
男「ああ」
数時間アルコールを飲み続ける2人。
女「いいムードね。 私にキスして? 熱いキスを」
そしてキスをする。
男「うっ…」

女性はキスの際、巧みに口移しでカプセルを飲ませ、男性を殺した。

計画的かつ巧妙、そして残忍と判断した裁判所は、女性に極刑を言い渡した。

軍事評論家の神浦元彰氏は、今回の殺人をこう分析する。
「相手がめいてい状態であれば、簡単な話です。 
飲み物と一緒にカプセルを口の中に入れ『口移ししてあげるわ』と誘惑するだけですから。
カプセルに毒を入れ、飲ませる方法は昔からありますね。
小説や映画からヒントを得たのではないでしょうか」。

また世界の犯罪事情に詳しい元警視庁刑事の北芝健氏は、
「中国では小さなころから女性に毒の耐性を作った上で、膣(ちつ)に毒を塗り込み、男性と性交し、殺す方法があります。
男性は尿道から毒を吸収し死んでしまいます。
また、性交中に男性のスキをついて、こう門に毒入りカプセルを投入する方法もあります。
これはかなりの荒業ですが、オーラルセックス中に口にカプセルを含み、尿道から毒を入れる方法もあります。
ま、日本で私が実際に捜査をしたことはありませんが…」
と語った。
[中国・上海 2007年9月27日 ロイター]

ニュース記事1
ニュース記事2

いやぁ、、、

ずい分情熱的な女性なんだねぇ。。。

いや、嫉妬深いと言ったほうがいいのかな。。。

他の女性と話していただけで殺されちゃうなんてね。

気になるのは、この話しの内容なんですけど。

浮気を連想させるような会話だったんでしょうかね。

もし、世間話程度だったら、お気の毒としか言いようがない。


やはり、嫉妬がらみで↓こんな記事を見つけました。
マレーシアのジョホール州で、インドネシア出身の男性(43)が妻に料理用ナイフで性器を切られるという事件が起きた。

男性はその後、同個所を再接合する手術を受けた。
ニュー・ストレーツ・タイムズ紙が報じた。

それによると、男性には2人の妻がいるが、事件を起こしたのは48歳になる一番目の妻。

男性が30代の2番目の妻との性生活を比較したのに腹を立て、犯行に及んだという。

男性は痛みに耐えながらもズボンをはき、バイクに乗って近くの病院に行き、そこで11針を縫う再接合手術を受けた。

その後、男性の通報を受けた警察がこの妻を逮捕。
妻には、禁固3年と罰金が科せられる可能性がある。
[マレーシア・クアラルンプール 2007年9月25日 ロイター]

ニュース記事3

マレーシア・ジョホールバルーの裁判所で、嫉妬に狂って夫のペニスを切り取ろうとしたインドネシア人女性に懲役6ヶ月の実刑判決が下された。

2007年9月24日、判決を受けたのは出稼ぎ労働者のウミダ・セツ(47)。

同じくインドネシア人の夫のペニスをナイフで切り取ろうとしてけがを負わせた。

夫はバイクで病院に行き、11針縫う手当てを受けた。

セツは夫の浮気を疑い、口論となり犯行に及んだ。
夫は浮気の事実に関しては口をつぐんでいる。

事件を報じた『New Straits Times』によると、2人は結婚17年、2人の子どもがいる。

マレーシアではイスラム教徒の男性は妻を4人まで持つことが出来る。

セツが控訴するかどうかは不明。
[マレーシア・クアラルンプール 2007年9月25日 ロイター]

ニュース記事4

このマレーシアの事件は、2つとも同じ人物のことを言っているのか、判断が難しいところですが、あまりにも似通った事件ですね。

女性は怒らせると怖いですよ~~~。 ヾ(;´▽`A``アセアセ

世の男性諸君、浮気をする時はくれぐれもご用心を。 (;^_^A


きみに読む物語 プレミアム・エディション(限定生産2枚組)
きみに読む物語 プレミアム・エディション (限定生産2枚組)


追記:
この記事のトップ画像、ブログタイトルの右にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
今日のお宝は「銅」ですね。
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2007年10月18日までです。
お早めにどうぞ♪ ヽ(^o^)丿

↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2007年09月29日 07:53
殺鼠剤で人を殺すのにはどれくらいの量が必要なんでしょう
とりあえずウチにある殺鼠剤は早急に処分しておきます(笑
眠り猫
2007年09月29日 16:50
えっ、ひょっとして浮気の心当たりがあるんですか。 
何もなければ大丈夫なはず(と思う)
Σ(´Д`;)オイオイ

この記事へのトラックバック