CTスキャナに患者を入れたのを忘れて帰っちゃった職員

世の中に忘れ物は数多くあれど、仕事はしっかりして欲しいものです。

アメリカ・アリゾナ州ツーソンのアリゾナがん協会で、がん患者のエルビラ・テレズさん(67)がCTスキャナに入ったまま病院職員に忘れられ、5時間も閉じ込められるという事件が起きた。

テレズさんが自力でスキャナから抜け出したところ、ドアに鍵がかかっており、パニックに陥ったテレズさんは息子に電話。
息子が保安官事務所に通報した。

かけつけた保安官代理が部屋を開けさせた。

保安官代理が病院側に連絡をとったが、病院側は事態を把握していなかったという。
テレズさんは念のため一晩入院し、翌朝家に帰された。

テレズさんは事故以来、睡眠に問題をきたしているという。

テレズさん一家は協会に説明を求めたが、いまだに説明をうけておらず、技師からは翌日謝罪の電話があった。

2007年9月19日午後4時頃、技師はテレズさんをスキャン内に入れ、リラックスさせるために明かりを落とし、25分の検査中動かないように言った。

「母は時間の感覚を失い、かなりの時間が経ったように感じましたが、暗かったため時計を見ることができませんでした。」
と息子のアリエルさんは言う。

助けを呼んだ後、何時間かかけてスキャナから抜け出した。

保安官代理がかけつけるまでには5時間が過ぎていたという。

ニュース記事


なんてこった!

5時間も閉じ込められてたなんて!<(°д°;;) >

自分はCTスキャンを受けたことがないのでよく分からないのですが、こういう時って、浴衣みたいな検査着一枚でやるんじゃないのかな。

でもって、腕時計とか携帯電話とかも身体から外すんじゃないの?

だとしたら、スキャン装置から抜け出すまで連絡できないことになる。

>助けを呼んだ後、何時間かかけてスキャナから抜け出した。
という記事からは、助けを求めてから抜け出した感じがするんですが。

どうなってるんでしょう ??(。_゜)??

でも、一番悪いのはこの患者を忘れて帰っちゃった技師だな。

あまりにも、ずさんだ。(爆)

>事故以来、睡眠に問題をきたしている
そりゃあ、寝るのが怖くなるのも分かるよ。(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

今後は、検査を受ける時は携帯電話をそばに置いておいたほうが良いかも。(;^_^A

「人間ドック」健康百科 増補新版 ~検査がわかる、結果がわかる~
「人間ドック」健康百科 増補新版
~検査がわかる、結果がわかる~



追記:
この記事のトップ画像、ブログタイトルの左にある「宝箱」の画像をクリックしてね。
抽選でプレゼントが選べます。
今日のお宝は「銀」ですね。
応募は、BIGLOBE会員に限らず、どなたでも参加できます。
応募期間は、2007年10月18日までです。
お早めにどうぞ♪ ヽ(^o^)丿

↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

本城 洸
2007年10月01日 02:09
私は内科医です。確かに、CTをやる時には患者には携帯電話などを身体から離してもらいますが、近くに衣類などを入れるカゴがあり、その中に携帯電話などを入れてもらうので、外部と連絡を取れない事はないですね。ただMRIは撮影室の外に持ち物を出してもらうので、外部に連絡は取りようがないですね。
眠り猫
2007年10月01日 02:55
本城 洸さん 
なるほど。 
CTとMRIでは服や手荷物の置き場所が違うのですね。
とすると、この人の場合はCTなので、そばに荷物があってラッキーだったということですね。
でも、くれぐれも患者を忘れて帰らないよう、お願いいたします。<(_"_)>

この記事へのトラックバック