ウーピー・ゴールドバーグ、女優を引退

画像「新スター・トレック」(Ster Trek:The Next Generation)で時おりカメオ出演していた、ウーピー・ゴールドバーグが女優を引退するそうです。

ウーピー・ゴールドバーグ(52)が女優を引退するとCNNの「ラリー・キング・ライブ」で語った。

人気トークショー「ザ・ヴュー」(原題)の一員であるゴールドバーグは、ハリウッドにはもう自分の居場所がないという。

若くて、ゴージャスな女優たちが全部仕事を持っていってしまい、今となっては出演を検討してほしいと脚本が送られることもなくなったらしい。

「映画市場には才能多きウーピーの居場所はないの」とコメント。
今後はトークショーなどの司会の仕事に集中するとのこと。

ニュース記事

ウーピー・ゴールドバーグっていうと、やっぱり、「新スター・トレック」のガイナンかな。

ウーピー・ゴールドバーグは第2シーズンからの出演で、たまにしか出演しないのに、その存在感は素晴らしいものでした。

「新スター・トレック」では、航宙艦エンタープライズD号のバー・ラウンジの女主人の役でしたが、ある意味で、“肝っ玉かあさん”という感じの、どこか達観している不思議な雰囲気の女性の役を見事に演じていました。

↓時にはクルーの相談相手として、
画像


↓時にはエンタープライズD号のピカード艦長に苦言を呈して、
画像


↓しかしてその実態は、バー・ラウンジの女主人
画像


ウーピー・ゴールドバーグが女優を目指すきっかけとなったのは、
↓「スター・トレック/宇宙大作戦」(The Original Series)のウフーラ中尉なんだよね。
画像


今でこそ、黒人がテレビや映画でメインの役をやるのは普通になっているけど、「スター・トレック/宇宙大作戦」が初放送された41年前は、黒人はメイド役や貧しい農民役、その他大勢というのが当たり前だったそうです。

それなのに、「スター・トレック/宇宙大作戦」では黒人(しかも女性)がレギュラーで、しかも優秀な通信士官の役をやっていることに衝撃を受けて、まだ少女だったウーピーは “女優になる” と決めたそうです。

長じて、押しも押されぬ女優になったウーピーは、「新スター・トレック」が放送されていることを知り、格安の出演料で「新スター・トレック」に出演したいと申し出たのです。

ウーピー・ゴールドバーグはすでに一流の女優でしたから、出演料もかなり高いんですが、“タダでもいいから出演させてくれ”と、交渉したそうです。

もっとも、俳優組合の取り決めで、タダというわけにはいかなかったので、一番最低の出演料を貰うことにしたそうです。


一般的には「天使にラブソングを」、「天使にラブソングを2」のほうが知られているんでしょうけど、自分的にはやっぱり、ガイナンなんですよね。(^^ゞ

まだ52歳と若いんだから、引退なんて早すぎるよ。


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック