スター・トレックのミスターカトー、業績を記念して小惑星の名前に命名

「スター・トレック/宇宙大作戦」(The Original Series)のミスター・カトウが星になります。
画像

世界各国の天文学者らが組織する国際天文学連合(IAU)はこのほど、火星と木星の間の「小惑星帯」にある小惑星「1994 GT9」に、人気テレビドラマ・映画シリーズ「スター・トレック」への出演で知られる日系人俳優、ジョージ・タケイ氏(70)の名を付けることを承認した。

今回、タケイ氏の名前が付けられることが決まった小惑星はこれまで「1994 GT9」と呼ばれていたもの。
小惑星は1994年、アマチュア天文家の清水義定氏と浦田武氏が共同で発見した小惑星で、
火星と木星の軌道間に散らばる小惑星帯に浮かび、直径約8km。

今後は、通し番号にタケイ氏の姓を加えた「7307 Takei」が正式名称となる。

タケイ氏は、スター・トレックで、航宙艦エンタープライズ号のアジア系の操舵士(パイロット)、ヒカル・スールー(日本語版ではミスター・カトウ)を演じた。

全米日系市民協会(JACL)や、同性愛者の権利保護を訴える人権キャンペーン(HRC)での活動などをたたえて、アメリカのマウントホリヨーク大学の天文学者、トム・バーバイン教授が小惑星への命名を提案した。

知らせを受けたタケイ氏は2007年10月2日に、
「自分が天体になったとは驚いた。 青天のへきれきならぬ、青天の小惑星といったところだ」と、笑顔で語った。

IAUによると、小惑星は発見者が10年以内に命名しなかった場合、ほかの提案をIAUが検討、承認する。

これまでに登録された小惑星約16万5000個のうち、命名が承認されたのは約1万4000個。

スター・トレック関連では、同作品の生みの親ジーン・ロッデンベリー氏(故人)と、ウフーラ中尉を演じた二シェル・ニコルズ氏の名前が、すでに採用されている。

1966年~1969年に放映された「スター・トレック/宇宙大作戦」は、NASA関係者にも影響を与え、同作品に登場する架空の宇宙船「エンタープライズ」の名称を、スペースシャトルの名称として命名したこともある。

APによると、タケイ氏は今週に入り、
「私はいまや天体になってしまった」と述べ、
「昨日知ったんだけど、驚いたよ。 まったく突然出てきた話だったので。 そう、まさに小惑星みたいに突然ね」と語った。
(2007年10月04日)

ニュース記事1
ニュース記事2

↓TREK Today にも出ていました。 (英語)
http://www.trektoday.com/news/041007_01.shtml

ジーン・ロッデンベリーとウフーラ中尉もお星様になってるんだ。

知らなかった。

ロッデンベリー氏は宇宙葬もされてるし、名実ともに宇宙に旅立ってるんだね。

火星と木星の間っていうと、アステロイド・ベルトの中の1つかな。

小惑星がいっぱいあるよね。 (⌒▽⌒)v

他には誰がお星様になっているんでしょうか。

カーク艦長(俳優:ウィリアム・シャトナー)やミスタースポック(俳優:レナード・ニモイ)、ドクター・マッコイ(俳優:ディフォレスト・ケリー(故人))もお星様になっているのかな?

もし、まだなようなら、誰か、新しい星を発見して、命名してくださいな♪ (⌒▽⌒)


いま、NHK・BS2ではデジタルリマスター版の「スター・トレック/宇宙大作戦」を放送しているよ。
毎週土曜 深夜(日曜 午前)1時15分~2時05分の放送です。

↓NHKの「スター・トレック/宇宙大作戦」のページ
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/startrek/index.html

↓ジョージ・タケイ氏は、自叙伝も書いてるよ♪
画像
星に向かって ジョージ・タケイ自叙伝
著者:ジョージ・タケイ
発行年月:2005年05月


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スター・トレック俳優が星の名に……ジョージ・タケイ氏

    Excerpt: スター・トレックのヒカル・スールー役と言ってわからなくても、ミスター・カトウならご存じの方も多いのでは?惑星の名前になったという記事を見つけました。 Weblog: kuemama。の<ウェブリブログのへや> racked: 2007-10-06 16:53