米カリフォルニア州の山火事、原因は少年の火遊び

アメリカの山火事はなんと、子どもの火遊びが原因だった!
画像
アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス近郊に大きな被害をもたらした山火事は、少年の火遊びが原因だったことが分かった。
当局者らが2007年10月30日に明らかにした。

少年の身元は明らかにされていないが、年齢は8~12歳とみられている。

ロサンゼルス郡保安官事務所の捜査官が山火事発生の翌日22日に質問を行ったところ、少年はマッチを使って遊んでいたことを認めたという。

今回の山火事は当初、電力線の切断が原因だと考えられていた。

地区検事は現在、少年を罪に問うかどうか検討を行っている。

カリフォルニア州危機管理局によると、カリフォルニア州南部で発生した今回の山火事では住宅2300戸が焼失。

またこの山火事により、死者12人、負傷者78人が出ている。

[アメリカ・ロサンゼルス 2007年10月30日 ロイター]
〔2007年10月31日(水) 18時17分〕

ニュース記事

えっ? 子どもの火遊びが原因なの?!

当初は、電線が切れたせいだと言われていたんだけどね。

まさに、「マッチ1本、火事の元」だ。

この火事は数日間に渡って、かなりの範囲が燃えていたよね。

山もだけど、民家にもかなり燃え移っていたしね。

ハリウッド俳優たちが大勢住むっていう、マリブ地区もかなり燃えていたようだし。

このニュースで印象に残っているのは、テレビのレポーターが、自分の家が燃えていく様子を、「右に居間があって、今激しく燃えている左側に寝室がありました・・・」と、必死に冷静さを保とうとしながらレポートしていた。
その様子を見ているだけで、気の毒になってしまった。

この少年が放火犯なら、どんな罰になるんでしょうか。

江戸時代の日本だったら、市中引き回しの上、火あぶりの刑だけどね。

現代では、そういうわけにはいかない。

でも、単なるいたづらでは済まされないほどの被害が出て、死傷者も大勢出ている。

まぁ、火あぶりの刑には出来ないだろうけど、やはり、罰はきちんと受けさせるべきだと思う。

この火事で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、1日でも早い復興を望みます。


↓よろしければこちらをポチッとお願いします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック