町村官房長官が「UFOは存在する」

自分としては存在すると思っていますが、政府の官僚もそう思っているようです。
画像
「個人的には絶対あると思っている」。

町村信孝官房長官は2007年12月18日午後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)は存在するとの持論を展開し、笑いを誘った。

政府が18日に閣議決定した、山根隆治参院議員(民主党)の質問主意書に対する答弁書で、UFOについて「これまで存在を確認していない」としたことをめぐり、閣内の反応が分かれた。

山根氏はUFOに関する目撃情報が後を絶たないとして、UFOに関する情報収集や研究、日本に飛来した場合の対応、他国との情報交換について聞いていた。

これに対し、政府はUFOの存在を確認していないため、情報収集や研究は行っておらず、日本に飛来した場合の対応についても、「特段の検討をしていない」と答弁。

目撃情報の分析・確認作業をどこが行うのかについては、
「情報内容に照らして適切と考えられる関係機関において、必要な情報の整理、分析、確認作業等を行うこととなる」と述べるにとどまった。

答弁書は、航空自衛隊が領空侵犯の恐れのある航跡を探知した場合、戦闘機を緊急発進(スクランブル)させ目視確認すると説明。

ただ、「鳥など航空機以外の物体を発見することはあるが、地球外からの飛来と思われる未確認飛行物体を発見した事例は承知していない」と強調した。

文部科学省によると、「UFOに関する答弁書は初めて」という。

UFOを信じるとして、答弁書よりも踏み込んだのは、町村官房長官。

会見で、見解を求められた町村長官は、
「政府答弁は政府答弁だが、そうじゃないと(UFOが存在しないと)ナスカ(の地上絵)など説明できない」と力説。

このところ、年金問題で政府の責任を繰り返しただされているとあって、
「どうぞ毎回こういうご質問をお願いします」と言い添えた。

これに関し、福田康夫首相は同日夜、首相官邸で記者団に「わたしはまだ(UFOを)確認してません」と語った。 

[2007年12月18日(火) 11時37分]

ニュース記事

はてさて、実際はどうなんでしょうかね。

この場合のUFOって、航宙艦(宇宙船)のことだよね。

自分も、他の惑星に生命体はいると思うし、また、我々のような知的生命体も当然ながらいることでしょう。

そして、惑星間を超高速で航行できる航宙艦を、乗りこなす知的生命体もいることでしょう。

ただ、どんな姿をしているのかは分かりませんが。(;^ω^)

もしかしたら、「スター・トレック」に出てくるような、ヴァルカン人やクリンゴン人みたいな種族もいるかもしれませんね。

あ、でも、出会う種族を全部同化しちゃう、ボーグのような種族だけには、出会いたくないですけど。(;^_^A

いまのところ、地球に異星人が来ている確たる証拠はありませんが、もしかしたら、どこかでこっそり観察しているのかもしれません。

そして、スター・トレックの映画「ファースト・コンタクト」のように、地球人が超高速で航行できるワープ宇宙船を作り出す技術が出来るまで、じっと待っているかもしれませんね。

でも今は、火星や土星に行くのに何年もかかっているので、ワープ技術が出来るのは、まだまだ先かもしれませんけどね。

自分が生きている間に出来るでしょうか。
待ち遠しいです。

長寿と繁栄を (⌒▽⌒)v

スタートレック ファースト・コンタクト
スタートレック ファースト・コンタクト コレクターズ・エディション

↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

ひろ
2007年12月19日 08:12
実は・・・

霞ヶ関にUFOが降りてきて
皆さんの年金を吸い上げていきました


こんなコメントを期待してたのになぁ(笑
眠り猫
2007年12月19日 18:26
ええーっ!く("0")>
年金は異星人が吸い上げちゃったのか。
じゃあ、しょうがな・・・

くない!
年金を返せーーー!!!ヽ(`Д´)ノ
と、天に向かって言ってみる。

この記事へのトラックバック