魚が手紙を拾って

すごーい♪ 
水揚げした魚が15年前の手紙を拾っていました。

15年近く前に神奈川県川崎市の小学1年生が風船につけて飛ばした手紙が、千葉県銚子市で水揚げされた体長約50センチのサメガレイの表面にくっついた状態で見つかったことが2008年1月25日、分かった。

画像

手紙を書いた早稲田大2年の白髭奈津実さん(21)=神奈川県川崎市宮前区=は、カレイが届けた手紙に「まさかこんなことが起きるなんて」と興奮した様子。
2008年1月25日(金)に千葉県銚子市で手紙を受け取る。

サメガレイを獲った銚子市漁協所属の沖合底引き網漁船「第8大徳丸」(65トン、波崎秀行漁労長)は、犬吠埼の南東約45キロの地点で2008年1月22日朝から1月23日午後にかけて底引き漁を行った。

手紙は2008年1月24日(木)、底引き網漁船「第八大徳丸」の船主、君野喜好さん(51)が、犬吠埼沖合約40キロの約1000メートルの海底で捕れた魚を市場で仕分け中に発見。

海上に落ちた手紙が長い時間かけて、カレイが生息する水深約1000メートルの深海に行き着いたとみられ、同港の漁協関係者らは「荒波にもまれたはずの手紙が、こんな完全な形で残っていたとは信じられない」と驚いている。

手紙を発見した船主の君野喜好さん(51)(千葉県銚子市浜町)は、
「魚の背中に、折り畳まれた紙片と、割れた風船の残骸(ざんがい)がくっついていた」と話す。

折り畳んだ紙に「このおてがみを、ひろったかたは、おへんじをください。しらひげなつみ」などの文面や学校名が書かれ、赤い風船の切れ端もあった。

白髭さんは1993年11月、川崎市立宮崎小学校の創立120周年記念で約1000人の児童と一緒に風船で手紙を空に飛ばした。

手紙は縦約14センチ、横約20センチ。
耐水性の紙に油性ペンで書かれており、水に漬かっても字は読める状態だった。

銚子市漁業協同組合から川崎市立宮崎小学校を通じて連絡を受けた白髭さんがこの日、銚子漁港を訪れた。

発見者の底引き網船「第8大徳丸」の船主・君野喜好さんから手紙を受け取り、
「見つけてくれた人にもカレイにも感謝します」と満面の笑みを浮かべた。

白髭さんは、手紙発見の連絡に、
「まさか、こんな形で返事が届くなんて。 返事が来た友だちもいたのに自分には来ず、がっかりした記憶があります。 とてもうれしいです。」と感激した様子だった。

君野さんは、「サメガレイの表面はぬるぬるしているのでくっついたのだと思う。 こんなことは初めて」と驚いている。

同港の漁協関係者らは、
「荒波にもまれたはずの手紙が、こんな完全な形で残っていたとは信じられない」と驚いている。

同漁協では「サメガレイは粘着質の体液におおわれており、手紙がカレイの体に張り付いて体液に保護されたから、状態が良かったのではないか」と推測している。

白髭さんは偶然にもカレイの煮付けが好物。
「これからは、カレイがかわいそうになります」とちょっぴり困った様子も。
当のカレイは既に鮮魚店に売られ、食べられる運命という。

<<手紙の全文>>
おてがみをひろった人へ 
わたしは、小がっこう1ねんせいです。いまわたしたちのがっこうは、百二十さいです。
そのおいわいで、みやしょうおんどをうたったりおどったりします。
このおてがみを、ひろったかたは、おへんじをください。
しらひげなつみ
川崎市宮前区馬絹1795
川崎市立宮崎小学校

[2008年1月25日(金) 21時47分]

ニュース記事


いやぁ、こんなこともあるんですねぇ♪(⌒▽⌒)b

テレビのニュースでも見たけど、手紙の保存状態が良すぎるので、一瞬、“ヤラセか?”と疑ってしまいました。(;^_^A

でも、どうやら、本当のことのようです。

写真を見ると、しぼんだ風船も一緒にくっ付いてるようだし、すごいねぇ♪

この小学校と、手紙が付いていた魚がいた場所は、直線距離で100kmほどだそうです。

そんな長距離を手紙を付けた風船が飛んだんだねぇ。
びっくりです。\(◎o◎)/!

これからは、風船にGPSを付けて追跡したほうがいいかも。ヾ(;´▽`A``アセアセ

11インチ クオラテックスバルーン
11インチ クオラテックスバルーン


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2008年01月26日 09:42
手紙を出した側ももう大学生ですからね
返事もらってうれしはずかしといったところでしょうか?
みさ♪
2008年01月26日 11:02
普通の紙なんでしょうか。海底で15年も沈んでいて、紙ってやぶけないものなのかしら。
もう、奇跡というしかない手紙ですね。
眠り猫
2008年01月26日 15:07
ひろさん 
15年も経ってから発見された手紙だから、ニュースになったんでしょうね。
テレビに出るかもっていうんで、着ていく洋服にも困ったりしてね(笑)
眠り猫
2008年01月26日 15:12
みさ♪りん 
カレイが体液で守ってくれたからこそ、無事だったんでしょうね。
保存状態がすごく良いもの。
単純に、海に落ちただけだったら、もうボロボロになっているのではないでしょうか。
もう、カレイは食べられませんね。(^.^)

この記事へのトラックバック