世にも珍しい速度違反

スピード違反といえば、普通は猛スピードで自動車を走らせることを言うのですが、今回は、だいぶ趣きが異なります。

高速道路を時速16キロ以下で走行した英国人女性(58)が、7日間の免許停止処分を受けた。

イギリス・ブリストルのフィッシュポンズに住むステファニー・コールさんは2007年8月、自宅近くの高速道路を低速走行したほか、走行車線と路肩にまたがって運転した。

コールさんの車輌後部の窓には、
「私は高速走行はしないので、追い越して下さい」と書かれた看板が付けられていたという。 

2008年1月4日(金)に出廷したコールさんは、公正な裁量を欠いて運転したと認めたものの、処分が終わる際に別のテストを受けなければならないことを伝えられた。

コールさんは審問の後、ロイターの取材に対し、
「高速道路に乗るつもりはなかったが、乗っていることに突然気づき、降りられなかった」と話した。

パニック状態で運転していたというコールさんは、パトカーの点滅した青色灯を見た際の様子を、
「神に感謝した。 彼らが助けてくれるかもしれないと思ったし、私を家まで連れて行ってくれるかどうかも尋ねた」と述べた。

[イギリス・ロンドン 2008年1月4日(金) ロイター]
[2008年 01月07日(月) 15時07分]

ニュース記事


いやあ、かなり珍しいスピード違反だなぁ。。。

イギリスの道交法がどんなものか知らないけど、こんな事態は想定外だろうな。(笑)

日本のスピード違反の罰金を調べてみたけど、遅すぎる場合のは、やっぱり出ていなかった。(苦笑)

なので、
↓交通違反 罰金料金表
http://speed.higai.net/bakkinhyou.html
を参考に、
普通は、プラス時速○kmの意味なのですが、仮にマイナスも同義とすると、
日本の高速道路の制限速度は時速80km~100kmなので、
仮に時速80kmを制限速度とすると、この人の時速16kmの場合、
マイナス64kmとなります。
これをリンク先の表で見ると、
違反内容:速度超過(61~70km/h超過)
減点点数:12点
罰金:90000円~100000円
となります。
(80km制限だと時速141km~150kmの速度を出している自動車が該当)

ありゃりゃ、かなりの処分内容だわ。。。(´-ω-`;)ゞポリポリ

でも、もし、これが制限速度が時速40kmの一般道だとしたら、
マイナス24kmで、最低の速度超過(30~35km/h超過)にも引っかからないので、せいぜい警察官がその場で、もう少し速度を上げるように注意するくらいかも。
まぁ、実際に取り締まる警察官の判断にもよるでしょうけどね。

>「私は高速走行はしないので、追い越して下さい」と書かれた看板
この人の場合、ひょっとしたら、一般道でも時速16kmで運転していたのかしらん(・・?)
だとしたら、他の自動車にとって、かなり迷惑な存在だったろうなぁ。

いくら安全運転とはいえ、ここまですると、かえって危険なのではないだろうか。

これからは、周囲の流れに乗って走って欲しいと思います。

現役教官が教える普通免許合格テクニック
現役教官が教える普通免許合格テクニック


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通りすがり
2008年01月08日 03:01
日本の高速道路は最低速度が50km/hとなっています。
それ以下だと罰せられます。

眠り猫
2008年01月08日 03:41
通りすがりさん 
なるほど。
日本では最低が時速50kmなんですね。 
教えていただき、ありがとうございます。 
だとすると、時速16kmで走った場合の罰則はどれくらいなんでしょう(・・?)

この記事へのトラックバック