学校に行きたくないから

子どもの頃、学校に行きたくない時はどうしてましたか?

メキシコの10歳の少年が、クリスマスの休暇明けに、学校に行きたくないと思って接着剤を使って自分の体をベッドにくっつけていたことが1月7日、明らかになった。

この少年はディエゴ君で、AFP通信に対して、
「ベッドに体をくっつければ、学校に行かされないですむと思った。 休みは本当に楽しかったし、学校に行きたくなかった」と話した。

ディエゴ君によると、母親が強力な接着剤を買っていたのを思い出して、それを使って手をベッドの金属製の頭板にくっつけたという。

母親はディエゴ君をベッドから離すことができず、医療補助員や警官を呼んで助けを求めた。

化学薬品を使って接着剤をはがす間、ディエゴ君は漫画を読んでいたという。

母親は、いつもはいい子なのにどうしてこんなことになったのか分からないと言っている。

この騒ぎでディエゴ君は学校に数時間、遅刻した。

【メキシコ・モンテレイ 2008年01月07日(月) AFP=時事】
[2008年01月08日(火) 10時55分]

ニュース記事


あはっ、気持ちはわかるよ。

学校に行きたくない時って、あるよね。

でも、ここまでするかぁ~?

それにしても、大人が一生懸命やっている時に、漫画を読んで楽しんでたなんて、将来、大物になるぞ。(笑)

まぁ、「何のために学校へ行って、勉強するの?」って聞かれて、納得できる答えを言える人っていないんじゃなかろうか。

一般的な答えは、“良い学校へ入るため”とか、“将来のため”とかなんだろうけど、自分だって、子供の頃は、同じ疑問を持ってたもの。

でも結局、この少年は遅刻しても学校に行かされたんだね。(笑)

まぁ、自分だったら、学校に行く途中でドロンして遊んでるけどね。

あ、小学校だと集団登校だから無理かもな。ヾ(;´▽`A``

でも、ずい分楽しんだようだから、ひょっとしたら、味を占めてまたやるかもね。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

世界一受けたい授業(vol.1) ~「目からウロコ」の知識を学ぶ!~
世界一受けたい授業(vol.1)
~「目からウロコ」の知識を学ぶ!~


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2008年01月09日 12:42
お家に帰りたくないから
飲み屋のイスに接着剤をつけておくことにします(笑

でもトイレに行きたくなったらどうしましょう
(´・ω・`)
みさ♪
2008年01月09日 15:05
学校いきたくないから、接着剤で手をベットにつけちゃうなんていう発想はどこからくるんだろう??
学校いきたくないっていう事はなかったけど低学年の時はお腹が痛いって保健室で寝ていた事あったなー(笑)
眠り猫
2008年01月09日 15:22
ひろさん 
自分も飲み屋に行くと、根が生えちゃいます。(笑)
でもお店のイスだと、後が大変ですよ。(;^_^A
眠り猫
2008年01月09日 15:33
みさ♪りん 
本来は、学校って楽しいものなんですけどね。
最近はいじめ問題とかあって、そうでもないらしいです。なかなか難しいですね。
それにしても、この子の接着剤をつければ行かずに済むっていうのは、斬新な発想だね。
将来は発明家になるかもよ。(^.^)

この記事へのトラックバック