自首した泥棒、「忙しい」を理由に逮捕を拒否され激怒

警察は何を考えていたんでしょうか。

先ごろイギリスで、あるドロボウが警察に電話で自首したところ警察は今忙しいことを理由に逮捕することを拒み、怒ったドロボウはまた近くの建物に盗みに入り、ようやくお縄となった、という事件が起こった。

イギリス紙「デーリー・メール」2008年2月4日(月)付の報道によると、このドロボウの名前はリーアム・トムリンソン(21)。

麻薬中毒者で、よく民家に押し入っては窃盗を繰り返していたという。

2007年12月8日未明、トムリンソンはランカシャーのあるサッカークラブの事務所に押し入り、酒3本(価格にして約9420円相当)を盗んだ。

しかし、長年の麻薬生活に嫌気がさしてきたのか、彼は自首を決意し、警察に自分を逮捕して欲しいと電話で申し出たという。

ところが、警察側の回答は意外なものだった。
「今忙しくて君を逮捕するために送るパトカーがない」。

トムリンソンは受話器に向かって怒りを露(あらわ)にしたという。

失望した彼は再び盗みに入ることを決意。
付近にある別の事務所に押し入った。
このときトムリンソンの相棒が再度警察に連絡し、二人を早く逮捕するよう促したという。

ところが、警察側はこの申し出も拒否。
本気で怒ったトムリンソンは窓ガラスを割り便器を壊し、2500ポンド(約52万3341円)相当の被害を出した。

住民からの通報を受けた警察の対応は早かった。
警察は通報から30分で現場に到着し、トムリンソンは念願かなって(?)ついにお縄となったという。
彼の相棒は好運にも逃げおおせた。

結局、トムリンソンには住居不法侵入および窃盗罪で8ヶ月の禁固刑、執行猶予2年が言い渡された。

また裁判所はトムリンソンに対し、3ヶ月間の夜間外出禁止を要求。
このほか、1年間の麻薬治療を受けることが決定された。

トムリンソンの弁護士は次のように述べている。
「彼は長年の麻薬生活で、心身ともに疲れきっていた。 自首をしたのは警察へのSOS。 警察が『忙しいから』を理由に逮捕を拒否したのは、理解できない」。

一方、警察側の言い分はこうだ。
「最初の電話を受けたとき、警察は二人を逮捕しに現場に人を派遣した。 しかし到着したときにはもう、彼とその仲間は現場にいなかった。 2回目の電話は酒癖の悪いよっぱらいのようだった」。

丁度その時、警察が対処していた別の暴力事件では被害者が重い傷を負っていたため、トムリンソンら2人の逮捕のために人員をさくことができなかったという。

警察側は、
「今回の件を真摯に受け止めさらなる調査を進めると共に、再発防止に努めたい」としている。

(新華社ロンドン(イギリス))
[2008年02月06日(水) 17時30分]

ニュース記事


警察が忙しいのは、それだけ犯罪が多発しているからなんでしょうけれど、いくら忙しいからといって、自首したいという犯罪者をほったらかして良いんでしょうかねぇ。(´-ω-`;)ゞポリポリ

しかも、2度も電話したのに断るなんて、何たる怠慢!(爆)

警察がほったらかしていたおかげで、新たな犯罪を犯してしまった犯人が気の毒な気がします。

警察は犯罪を取り締まるとともに、未然に防ぐことも大切な役割なのではないでしょうか。


警察の世界の「お約束」 ~知られちゃマズイ!?~
警察の世界の「お約束」 ~知られちゃマズイ!?~


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろ
2008年02月07日 10:30
そういうイタズラ電話が多いんでしょうな
自首したきゃ自分で警察に出頭すればいいのに・・・
眠り猫
2008年02月07日 14:58
ひろさん 
そっか♪ 出頭すればよかったのか(^.^)
もしかしたら、パトカーに乗ってみたかったのかも。
警察に出頭したら乗れないもんね(;^_^A

この記事へのトラックバック