ネパールの「ローカル・クマリ」が家族の要請で引退

2007年7月に『居住地を離れない』という伝統を犯して、渡米したクマリのその後です。
画像

ネパールで「クマリ」(童女現人神)としてあがめられている少女(11)が、家族からの要請を受けてクマリを引退した。
当局者が2008年3月2日発表した。

この少女はカトマンズに近いバクタプールで、9年間にわたりローカル・クマリに在位し、神聖な存在として信仰を集めていた。

だが、昨年(2007年)に伝統を無視して米国を訪問したとして、一部の宗教当局から批判を受けていた。

クマリの伝統を管理する団体の幹部は、少女がクマリの地位から退いた理由として、少女の家族が独自に宗教的な儀式を行うことを希望しており、それにはクマリ引退が必要だったと説明した。

同団体は今後、少女の後任を探すとしている。

[カトマンズ 2008年3月2日(日) ロイター]
[ 2008年03月03日(月) 14時03分 ]

ニュース記事

関連記事
↓『ネパールのクマリが前代未聞の失脚』  2007年07月05日(木)
http://nagaraja.at.webry.info/200707/article_4.html

↓ネパールの「クマリ(童女現人神)」が法律違反?!  2006年11月08日(水)
http://nagaraja.at.webry.info/200611/article_8.html

(このクマリの騒動の内容は、『ネパールのクマリが前代未聞の失脚』に詳しく書きましたので、そちらを参照してください。)


今回の記事にはローカル・クマリの名前が出てないけど、昨年の記事には出ていました。
バクタプール地方のローカル・クマリで、サジャニ・シャクヤといいます。

あれからもまだ、クマリの地位にあったのか。

とっくに、解任されていると思ってた。

それにしても、今回の引退も、かなり前代未聞だと思うぞ。

こんな前例はないんじゃないのか。

>家族が独自に宗教的な儀式を行うことを希望
いったい、何をやるつもりなんでしょうかねぇ。。。(・・?)

元クマリは大勢いるけど、誰もこんなことはやってないんじゃないのか。

困ったものです。(´-ω-`;)ゞポリポリ


↓よろしければこちらをポチッとお願いします。 ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みさ♪
2008年03月04日 14:53
毎年クマリって変わるんじゃないんですか?
9年間も地位にいたなんてすごいね。
子供を商売に使う気なんでしょうかね。
眠り猫
2008年03月04日 17:07
みさ♪りん 
通常、当代のクマリ(童女現人神)は、3~5歳の少女から選ばれ、ケガや初潮による出血をした時に、その神性が失われたとして、次代の新しいクマリに交代します。
おおよその任期は10年ほどです。
なので、そろそろ交代の時期だったのですが、このクマリは異例なことばかりやってますね。
2008年10月07日 21:52
困ったものですって…管理人さんってオッサン?
他のクマリたちと違ってこの子は地域に溶け込んでるし、その後幸せになれそうだけどねw
2008年10月07日 21:52
困ったものですって…管理人さんってオッサン?
他のクマリたちと違ってこの子は地域に溶け込んでるし、その後幸せになれそうだけどねw
眠り猫
2008年10月07日 22:15
あさん 
自分は報道記事を通してしか知る由はありませんが、あさんは『この子は地域に溶け込んでる』と、その後をご存知のようなので、お教えくだされば幸いです。

この記事へのトラックバック