四つ子の赤ちゃん誕生、その内3人が一卵性

どれくらいの確率になるんでしょうか?
画像
アメリカ・メリーランド州在住の女性が四つ子の赤ちゃんを出産したが、その内3人が一卵性という大変珍しいケースとなった。

四つ子の赤ちゃんは全員が男児で、妊娠11週の早産だったが、タウソンのグレーター・ボルティモア・メディカルセンターで2008年1月に無事生まれた。

記録によると、米国では一卵性の三つ子とさらにもう1人が生まれてきたという報告は100件に満たないという。

四つ子は新生児集中治療室で2週間半を過ごした後、両親と一緒に無事帰宅した。
金曜日に両親が記者会見を行う予定となっている。

[アメリカ・メリーランド州 2008年04月18日(金) タウソン]
[ 2008年04月19日(土) 12時13分 ]

ニュース記事

すっごーい!!

こんな確率って、まさに天文学的な数字になるんじゃないかな。

詳しいことは書いてないから分からないけど、たぶん体外受精をしたんじゃないのかな。

普通、体外受精だと1個の受精卵を子宮に戻すわけだけど、それが分裂の過程で3つ児になっちゃったのかも。

3つ児はそれで説明が付くけど、もう一人はどうしたわけでしょう??(。_゜)??

ひょっとして、間違えて2つの受精卵を戻しちゃったのかな。

>金曜日に両親が記者会見を行う予定
日付が書いてないから分からないけど、今週の金曜は18日で過ぎちゃってるから、来週の25日(金)になるのかな。

でも、子供が出来ないと悩んでいたら、一度に4人も授かっちゃって、これから大変そうだなぁ。。。(笑)

写真を見ると、赤ちゃんで「4」の数字を書いてますねぇ(⌒▽⌒)b

ベビーサイン はじめてキット
ベビーサイン はじめてキット


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック