花祭りにご禁制のケシが数十万本

花に罪はないんですけどね。
画像
茨城県下妻市堀籠(ほりごめ)の小貝川(こかいがわ)沿いの小貝川ふれあい公園で、あへん法で栽培が禁止されているアツミゲシが数十万本見つかった。

公園は、2008年5月24日(土)、25日(日)に開かれる予定の「小貝川フラワーフェスティバル」(下妻市など主催)の会場で、下妻市は、ポピーと間違って種がまかれたとみて、13日(火)、市職員らを動員してすべて抜き取った。

同フェスティバルの呼び物は約500万本のポピー。
2007年10月20日に、ボランティア団体のメンバーら約400人が3種類の種をまいた。

パトロール中の茨城県警下妻署員が、2008年5月11日(日)、広さ約5ヘクタールの会場のうち、1ヘクタールでアツミゲシが咲いているのに気付き、県薬務課に連絡した。
ポピーもケシの一種で、花の色や形などからは見分けがつきにくく、気付くのが遅れたという。

茨城県などによると、種は神奈川県横浜市内の業者が海外から輸入したといい、詳しい流通ルートを調べている。

下妻市都市整備課では、
「まさか違法なケシとは思わずびっくりした。 認識不足だった」としているが、同フェスでは2~3年前から、似た花が咲いており、アツミゲシだった可能性があるという。

また、下妻市担当者は、
「赤い花と思っていたのに薄紫色で、きれいではないなと感じたが気づかなかった。 数年前にも同じ花を栽培した」と話している。

【 2008年5月13日(火) 21時38分 】

ニュース記事

↓-植えてはいけない けしの除去について-
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f4imuyaku/f44kesi/keshi.htm


ありゃりゃ~~~・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

それにしても、気が付いた警察官って大したものだな。

ひょっとして、麻薬課だったんでしょうか。

しかし、引っこ抜かれて焼かれた花が可哀想な気がします。。。

いくらご禁制とはいえ、“花”それ自体は悪くないんですけどね。


人生を料理した男 ~麻薬の売人からトップシェフへ~
人生を料理した男 ~麻薬の売人からトップシェフへ~


↓こちらをポチッとしていただくと踊りだします♪ヽ(^o^)丿
人気blogランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック